トップページ >  新着情報一覧 > 「呉臨床Hands Onセミナー」が開催されました!
トップページ >  多彩な医師ネットワーク >  医療関係ネットワーク >  医療関係ネットワークの関連情報 > 「呉臨床Hands Onセミナー」が開催されました!

「呉臨床Hands Onセミナー」が開催されました!

開催日時

2020年12月3日(木)

 

開催場所

呉医療技術研修センター

 

主催団体名

呉臨床Hands Onセミナー 

代表:岩崎 泰昌 先生(国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター  救急科)

 

参加者

57名
(初期研修医:38名,専攻医:2名,その他医師:15名,その他の職種:2名)

 

専門医師による皮膚縫合についてのショートレクチャー静脈路確保シミュレーターを用いた静脈路確保の実技豚の皮膚を用いた皮膚縫合の実技

  

実施内容

今回のテーマは末梢静脈路確保とFAST(エコーを用いた外傷患者の初期診察法)および皮膚縫合であり,皮膚縫合および末梢静脈路確保とFASTについて,第一線の医師がショートレクチャーを行った後,5名前後の指導医のもと,研修医の先生が実技トレーニングを開始しました。
皮膚縫合は豚の皮膚を使用して,実際の針と糸で縫合を行い,末梢静脈路確保とFASTは静脈路確保シミュレーターや人体模型に対して,静脈穿刺やエコーの当て方についての実習を行いました。 

  

主催者からの声

呉臨床 Hands-Onセミナーとは,呉,東広島地域の初期臨床研修医を対象としたセミナーで,平成26年より毎年2回のペースで行われており,今回で13回目となります。
毎回,最初の30分程度,各回のテーマに沿って,ベテラン医師が手技のポイントや注意点についての講義を行い,その後1時間30分程度,数名の指導医のもと模型などを用いて,実技トレーニングを行うHands-On形式のセミナーです。 

 

参加者の声

アンケート結果から以下のような感想が聞かれています。

皮膚縫合について
  • マットレス縫合が理解できた。 
  • 豚の皮膚を使ったので実践的であった。
FASTについて
  • Lung Sliding Signを実際に見ることができた。
  • 詳しいエコープローベの当て方を学べた。
静脈路確保について
  • 末梢静脈路確保の自信がついた。針先の方向が理解できた。  

参加者へのメッセージ

呉臨床Hands Onセミナーは身近な場所で,身近な指導医の先生により,当直の時などに役立つ手技をじかに習得できる機会です。是非,ご参加ください。

 

次回開催に向けて

2021年6月17日に第14回呉臨床Hands Onセミナーを開催予定で,テーマは四肢骨折の外固定法,気道確保となっています。 

 


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る