ふるさとドクターネット広島

 

地域医療の環境整備

過疎地域等での医師の研修研鑽支援等の環境整備

●備北地域の病院・診療所連携研修プログラムとして、市立三次中央病院や庄原赤十字病院を中心に、地域の病院や診療所のネットワークで、若手医師等を対象とした初期診療セミナーを開催しています。 

●芸北地域では、地域の中核的なへき地医療拠点病院である広島市立北部医療センター安佐市民病院が、地域の病院・診療所への支援として、テレビ会議システムを用いたサポートを始めています。画像データや心電図等の検査データを共有し、広島市立北部医療センター安佐市民病院の医師と共に診断を進めるなど、地域医療を支える取り組みを立ち上げています。

 

関係機関の連携促進 

広島県医療対策協議会の運営

●広島県における医師確保対策の具体的な実施に係る関係者間の協議・調整を行う場である広島県医療対策協議会を運営しています。

 

 

広島県へき地医療支援機構の運営

● 県内の広域的なへき地医療支援事業の企画・調整等を行い、へき地医療対策に係る各種事業を円滑かつ効率的に実施することを目的として、広島県へき地医療支援機構を運営しています。

・令和5年6月19日 令和5年度第1回運営委員会開催

・令和5年9月11日 令和5年度第2回運営委員会開催

 

 

広島県地域保健対策協議会(地対協)委員会への参加

●広島県地域保健対策協議会(地対協)が設置する医師確保対策専門委員会、高度医療・人材育成拠点ビジョン推進会議等に委員として参加しています。

 

  

 

 


ふるさとドクターネット広島登録