トップページ >  関係団体の情報 > 広島大学

広島大学

厚生労働省広島県県内市町広島大学(各研究室)広島県医師会


専門医研修プログラムについて

専門医研修プログラムについて


医局説明会のお知らせ

医局説明会のお知らせ(随時,情報が更新されています)


広島大学病院女性医師支援センター

広島大学病院女性医師支援センター


令和4(2022)年4月13日

災害現場に派遣DMATカーを新車両に更新


令和4(2022)年4月6日

広島大学病院に国産初の手術ロボット「hinotori(ヒノトリ)」が導入されました
広島大学病院は,国産初の手術支援ロボットシステム「hinotori(ヒノトリ)サージカルロボットシステム」を導入し,3月23日に前立腺がん摘出手術を実施しました。ヒノトリを用いた手術の実施は国内で5施設目です。


令和4(2022)年3月15日

日向信之教授(泌尿器科)のインタビューが「広島県DX推進コミュニティ」ホームページに掲載されています


令和4(2022)年3月2日

【研究成果】肝細胞に感染したB型肝炎ウイルスが,細胞内の免疫を回避するメカニズムを解明~新規治療法開発に繋がる可能性~
広島大学大学院医系科学研究科医療イノベーション共同研究講座 茶山一彰教授は,広島大学大学院医系科学研究科消化器・代謝内科学との共同研究により,B型肝炎ウイルス(HBV)感染に伴い,肝細胞のTRAIL-R3発現が亢進することを示し,HBVのTRAIL-R3を介した細胞内免疫回避のメカニズムを明らかにしました。


令和4(2022)年2月7日

【研究成果】西日本豪雨災害後に認知症患者が増加:ビッグデータを用いた縦断分析
広島大学大学院先進理工系科学研究科 鹿嶋小緒里准教授,大学院医系科学研究科 松本正俊教授,石井伸弥教授,吉田秀平助教,自治医科大学地域医療学センター 小池創一教授,北広島町八幡診療所 岡崎悠治医師による医療レセプトデータを用いた研究により,2018年西日本豪雨災害の被災者において,被災を契機に認知症治療薬処方を受けた人の割合が増加していることが明らかになりました。


令和4(2022)年2月1日

【研究成果】西日本豪雨災害後に精神症状に使われる漢方薬(抑肝散)の処方を受けた高齢者が増加~ビッグデータを用いた分析~
広島大学大学院医系科学研究科地域医療システム学講座 石田亮子講師,吉田秀平助教,松本正俊教授,先進理工系科学研究科 鹿嶋小緒里准教授,北広島町八幡診療所 岡崎悠治医師は,医療レセプトデータを用いた解析により,2018年西日本豪雨災害の65歳以上の被災者において,精神症状やBPSDと呼ばれる認知症周辺症状の改善に用いられる漢方薬である抑肝散の処方を受けた人が,非被災者に比べて有意に増加していたことを明らかにしました。


令和4(2022)年1月18日

【研究成果】COVID-19mRNAワクチン接種後の副反応は,BNT162b2(ファイザー・ビオンテック社)よりもmRNA-1273(モデルナ社)の方が多い
広島大学病院感染症科 大毛 宏喜教授,広島大学大学院医系科学研究科 田中 純子教授らの研究グループは,広島大学および広島大学病院において職員および学生を対象に新型コロナウイルスに対するmRNAワクチン接種後の副反応について調査しました。


令和4(2022)年1月7日

【研究成果】COVID-19(従来株)患者の血中に少量のウイルスが数週間残存も,感染性は確認されず


令和4(2022)年1月4日

令和3年度白衣着衣式を執り行いました
2021年12月24日,広島大学医学部エムネスホールにおいて医学部医学科白衣着衣式が執り行われました。
昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりましたが,今年度は感染対策を徹底したうえで,2年ぶりに挙行しました。


【研究成果】長期的な肝線維化の進行を予測する肝臓の遺伝子発現のパターンを同定
広島大学大学院医系科学研究科消化器・代謝内科学の大野敦司助教らの研究チームは、米国University of Texas Southwestern Medical Center(Dr. Yujin Hoshida研究室)および医療イノベーション共同研究講座 茶山一彰教授らの国際研究グループとの共同研究により,長期的な肝線維化進行を予測する肝臓の遺伝子発現パターンの同定に成功しました。


令和3(2021)年12月27日

【研究成果】第2種再生医療等技術「肝細胞がんに対する肝切除後の再発予防を目的とした末梢造血幹細胞由来ナチュラルキラー細胞移入療法」の臨床試験を開始しました
広島大学大学院医系科学研究科 消化器・移植外科学の大段秀樹 教授(肝臓・消化器研究拠点リーダー)らのグループが,肝細胞がん切除後の再発高危険群に対して,「肝細胞がんに対する肝切除後の再発予防を目的とした末梢造血幹細胞由来ナチュラルキラー細胞移入療法」の第1相臨床試験を,広島大学病院において開始しました。


令和3(2021)年12月22日

【研究成果】ウイルスレセプターの遺伝子編集によりB型肝炎ウイルスの感染阻害が可能に
広島大学大学院医系科学研究科消化器・代謝内科学の内田宅郎研究員らの研究グループは,米国NIH(Dr. Jake Liang研究室)において,医療イノベーション共同研究講座 茶山一彰教授との共同研究により,塩基編集を用いて肝細胞にHBVレセプター(NTCP)のS267F遺伝子変異を導入することに成功し,編集した遺伝子改変細胞のHBV感染に対する機能を明らかにしました。


令和3(2021)年11月25日

消化器・移植外科の小林准教授に厚労大臣から臓器移植の感謝状
広島大学病院消化器・移植外科の小林剛准教授に令和3年度臓器移植対策推進功労者として,11月22日,木内良明病院長から厚生労働大臣感謝状が贈呈されました。贈呈式には大段秀樹教授も立ち会いました。


令和3(2021)年11月17日

令和4年度 広島大学光り輝き入試 学校推薦型選抜 医学部医学科(ふるさと枠) 学生募集要項が公表されました
『令和4年度 広島大学光り輝き入試 学校推薦型選抜 医学部医学科(ふるさと枠) 学生募集要項』が公表されました。リンク先から学生募集要項(PDFファイル)をダウンロードの上,ご確認ください。
なお,広島大学は学部入試において紙の志願票(願書)による出願を廃止し,インターネット出願に移行しています。


令和3(2021)年11月5日

(令和3年11月25日開催・要申込)医学生・研修医等をサポートするための会が開催されます
【日時】2021年11月25日(木)19:00~
【場所】広島大学広仁会館大会議室およびWeb(Zoom)のハイブリッド開催
【参加費】無料
【申込締切】2021年11月12日(金)

内容や申込み方法等は,リンク先をご覧ください。


令和3(2021)年10月18日

広島大学病院に麻酔科領域の新たな2つの寄附講座を設置


令和3(2021)年10月15日

広島大学医学部地域医療システム学講座の松本正俊教授が,へき地医療の研究論文数で世界21位にランクされました
米国Expertscape社が行う研究論文数の世界ランキングにおいて,広島大学医学部地域医療システム学講座の松本正俊教授がRural Health Services(へき地医療)領域の研究者21,205人中21位(日本人では1位)にランクされました。


令和3(2021)年10月8日

令和3(2021)年11月13日に第15回広島大学ホームカミングデー(霞キャンパス)が開催されます
広島大学ホームカミングデーは,卒業生や元教職員を歓待するイベントとして開催されておりますが,霞キャンパスにおきましては霞部局(医学部・歯学部・薬学部・医系科学研究科・原爆放射線医科学研究所・大学病院)合同企画として次のとおり講演会が開催されます。

【日時】
 2021年11月13日(土) 15時~16時30分
【場所】
 広島大学 霞キャンパス内 広仁会館大会議室
【講演者】
 広島大学大学院医系科学研究科
 ・田中 純子 氏
  (疫学・疾病制御学 教授/理事・副学長)
 ・坂口 剛正 氏
  (ウイルス学 教授)
 ・久保 達彦 氏
  (公衆衛生学 教授)
【参加費】
 無料
【申込方法】
 リンク先よりお申し込みください。


令和3(2021)年9月10日

【研究成果】パラインフルエンザウイルスが感染細胞から出芽するメカニズムを解明~新規抗ウイルス薬開発への応用展開~
広島大学大学院医系科学研究科の小田康祐助教と坂口剛正教授は,小児や高齢者に重篤な呼吸器疾患を引き起こすヒトパラインフルエンザウイルスが感染細胞から出芽する仕組みを,近縁なセンダイウイルスを用いて明らかにしました。


令和3(2021)年8月26日

研究成果】肺癌に対する放射線治療による放射線肺臓炎~人工知能を用いて,治療前のCT画像からリスクを予測~
広島大学大学院医系科学研究科 河原大輔助教,今野伸樹医師,服部登教授,永田靖教授らの研究グループは,人工知能の技術を活用し放射線治療後の副作用の1つである放射性肺臓炎を治療前のCT画像から人工知能を用いて高精度に予測することに成功しました。


令和3(2021)年8月24日

広島大学地域医療システム学講座のHPに,ふるさと枠紹介動画が掲載されています!


令和3(2021)年8月23日

【研究成果】COVID-19による死亡者の約20%、70歳以上の未感染者の約4%がI型インターフェロンに対する中和抗体を保有する~COVID-19重症化の病態解明に貢献~


令和3(2021)年8月4日

【重要】現地開催オープンキャンパスの中止について
7月下旬から全国的に新型コロナウイルス感染症が急拡大し,特に8月中の広島県内外における移動について,さらなる自粛が求められることとなりました。
このような状況を踏まえ,来場者の皆様の健康や安全面を第一に検討した結果,現地開催オープンキャンパスについては「中止」となりました。


令和3(2021)年7月20日

医学部パンフレット2021年版が作成されました
広島大学医学部パンフレット2021年版が作成されました。
授業のカリキュラムや専攻内容,学生のコメントなどが掲載されています。
リンク先のページを是非ご覧ください。


令和3(2021)年7月6日

【研究成果】222nm紫外線の変異株における新型コロナウイルス不活化効果を確認~抗ウイルス・除菌用紫外線技術「Care222®」は新型コロナウイルスの変異株にも有効~


令和3(2021)年6月24日

【研究成果】MSMD患者における多発性骨髄炎の発症メカニズムを解明~破骨細胞の過剰な活性化を介して多発性骨髄炎が発生する可能性を発見~


令和3(2021)年6月23日

今年度のオープンキャンパスは「現地」と「オンライン」のハイブリッドで開催します
『広島大学オープンキャンパス 2021』は,「現地」と「オンライン」のハイブリッドで以下のとおり開催されます。

●「現地開催」オープンキャンパス
8月19日(木),8月20日(金)
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に配慮して個人参加による事前申込制とし,模擬授業などを体験いただけるプログラムを企画中です。
※今後の新型コロナウイルス感染症の感染状況や台風などの気象状態によっては,開催日が変更,または中止となる可能性があります。
※事前申込の受付は7月上旬に開始予定です。

●「オンライン」オープンキャンパス
8月16日(月)~8月22日(日)
 期間中は,動画配信やリアルタイムでの個別相談会(要事前予約)を実施予定です。
※オンライン個別相談会の予約受付は7月下旬に開始予定です。

事前申込の方法やプログラムについては,詳細が決まり次第,改めて公式ウェブサイト上でお知らせします。


令和3(2021)年6月3日

広島大学病院が広島市,広島県の新型コロナウイルスワクチン大規模接種に協力します
広島大学病院は6月から,高齢者を対象に実施する広島市及び広島県の新型コロナウイルスワクチン大規模接種に協力します。
また広島県がふくやま産業会館「ビッグ・ローズ」(福山市御幸町)に設置する大規模接種会場には,6月13日から7月24日までの計4日間,1日あたり5人の歯科医師を派遣します。
広島大学は国立大学の使命として,コロナ禍により危機的な状況に陥っている国の医療に貢献するため,今後も率先した取り組みを行ってまいります。


令和3(2021)年5月14日

【研究成果】新型コロナウイルス変異株を無力化する中和抗体を10日間で作成する技術を国内で初めて開発〜新たな変異ウイルスの拡大に備えた抗体医薬へ期待〜
広島大学大学院医系科学研究科免疫学の保田朋波流教授,下岡清美助教,同研究科ウイルス学の坂口剛正教授,同研究科小児科学の岡田賢教授,溝口洋子助教,同大学トランスレーショナルリサーチセンターの横崎恭之教授,西道教尚助教,京都大学ウイルス・再生医科学研究所の橋口隆生教授らの共同研究グループは,庄原赤十字病院および県立広島病院と共同で,複数種類の新型コロナウイルス変異株に結合してウイルスを無力化する完全ヒト抗体を10日間で人工的に作り出す技術を新たに開発しました。


令和3(2021)年5月12日

新型コロナウイルス研究者による 第1回プレスセミナーを開催しました
2021年4月28日,広島大学の新型コロナウイルス研究者による 第1回プレスセミナーを開催しました。
広島大学では,新型コロナウイルスの感染拡大を受け,2020年4月17日に「広島大学COV-PEACE-PROJECT 2020」を霞キャンパスに設置しました。
現在,新型コロナウイルスに対する予防ワクチンや治療薬の開発,感染状況把握の疫学調査,遺伝子解析,ゲノム解析など,医学・医療系の研究室が一丸となって診断や創薬,対策,ウイルス学的研究などに取り組んでいます。


令和3(2021)年3月29日

マツダ スタジアムの大型ビジョンに医療従事者へのメッセージが放映されます
広島東洋カープの本拠地マツダ スタジアムの大型ビジョンで球団から医療従事者への感謝の気持ちがつづられます。広島大学病院で医師たちが新型コロナウイルス感染症の重症患者への対応にあたる動画を背景に「医療従事者の皆さんに感謝」「野球ができることに感謝」のメッセージが表示されます。チームやファンの皆さまで感謝の思いを共有できる時間にできれば,との趣旨です。
映像が流れるのは,試合開始約30分前のスタメン発表時です。試合にお出かけの際は注目してみてください。


このページの先頭へ戻る