トップページ >  専門研修 >  専門研修プログラム > 形成外科 広島大学病院

形成外科 広島大学病院  

基幹施設

広島大学病院

住所: 広島市南区霞1-2-3

担当: 形成外科 診療講師 永松 将吾

TEL: 082-257-5187

mail: 

URL: https://mkensyu.hiroshima-u.ac.jp/

 

プログラム

広島大学病院形成外科専門研修プログラム
プログラム冊子  (募集定員:3名)

 

プログラムの特徴

当プログラムは広島大学病院を中心に様々な規模の総合病院・個人病院と連携体制を取っており、全て広島県内の施設で研修を完了する事が出来ます。大学病院や総合病院では、手術用顕微鏡下の血管吻合を駆使した遊離組織移植など、複雑な再建を要するチーム医療や珍しい疾患を経験します。また症例豊富な個人病院では形成外科領域のcommon diseaseへの対応を習得し、顎顔面外科や美容外科領域の経験も積むことが可能です。

 

指導医から形成外科専攻医希望者へのメッセージ

広島県では、形成外科の認知度、普及が全国に比べて大変遅れています。逆に広島県では、形成外科は今後伸びしろの大きい分野と言えます。当プログラムでは、大学病院以外にも県内様々な施設での研修を通して形成外科医としての経験値を高め、様々な働き方を実感する事が出来るでしょう。さらに今後は県内各地への形成外科の普及を見据え、中山間地施設との連携も行っていく予定です。形成外科が普及することは、広島県内全体の医療レベルの向上につながります。郷里である広島のため、熱意と好奇心、向上心を持って形成外科に取り組んで下さる皆さんの参加をお待ちしております。

診療講師 永松 将吾

 

当該プログラム専攻医から形成外科専攻医希望者へのメッセージ

大分大学を卒業後、ふるさとの広島で初期研修を修了し、研修中に外科系への思いが強くなりました。形成外科の魅力は、赤ちゃんからお年寄りまで、頭の先から足の爪まで扱う分野が幅広いこと、手術結果が直接目で見て分かることです。しかし、その魅力は同時に緊張する場面でもあります。赤ちゃんにメスを入れる瞬間や、術後に患者さんがご自身の体を初めて見る瞬間など、とてもシビアです。一方で我が子の先天的なハンディキャップが解消された時の親御さんの安堵の表情や、術後のご自身の体に自信たっぷりで退院する姿を見る時は、とてもやりがいを感じます。現在は関連病院で形成外科一般診療に従事しながらふるさと・地域の皆様のために努めております。ぜひ、私たちと一緒に広島の形成外科を充実させ、患者さんやご家族の笑顔を増やしませんか。

卒後8年 内木 敏雄

 

連携施設

【連携施設】

県立広島病院  (広島市南区)
JA広島総合病院  (廿日市市)
呉共済病院  (呉市)
広島西医療センター  (大竹市)
宮本形成外科  (広島市南区)
岡山形成外科  (広島市中区)
公立世羅中央病院  (世羅町)

ダウンロード

※添付の資料を見るためにはビューワーソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る