トップページ >  専門研修 >  専門研修プログラム > 救急科 JA広島総合病院

救急科 JA広島総合病院  

基幹施設

広島県厚生農業協同組合連合会 廣島総合病院

住所: 廿日市市地御前1丁目3-3

担当: 教育研修課 森下 空青羽

TEL: 0829-36-3111

mail: 

URL: https://hirobyo.jp/

 

プログラム

広島総合病院救急科専門研修プログラム
プログラム冊子  (募集定員:3名)

 

プログラムの特徴

広島市内の病院群は、救急においても機能分化が進んでおり、症例が偏りがちです。当院は地域で唯一の地域救命救急センターですので、二次~三次救急患者が満遍なく集まります。二次~三次の救急医、集中治療医、病棟総合医としての能力を養うことができます。今後は一次救急にも力を注いでいきたいと思っており、救急医としていろんな症例を幅広く経験することが可能です。

 

指導医から救急科専攻医希望者へのメッセージ

2025年には団魂の世代が後期高齢者となり、社会保障費はますます国の財政を圧迫します。厚生労働省は地域完結型の医療を実現すべく、地域医療構想を掲げています。高度急性期病床は大幅に削られ、回復期や在宅医療の需要が増加します。
一方、高齢者が増えれば当然、救急患者も増加します。患者を中核病院に集めるのか、様々な病院に分散させるのか、病院ごとの機能分化など、どのような救急医療体制を目指すかは地域によって特色が生まれるでしょう。そうすると、地域や施設によって、救急医へのニーズは多様化する可能性があります。
当院は地域で唯一の急性期病院ですので、多種多様な役割が求められます。軽症から重症まで診れる急性期ジェネラリストの育成を心がけております。ぜひ、一緒に広島西部地区の地域医療を支えていきましょう!!

副院長、救急・集中治療科主任部長 吉田 研一

 

当該プログラム専攻医から救急科専攻医希望者へのメッセージ

当院は地域の中核病院であり、敬称から重症まで様々な症例を経験することが出来ます。業務については、指導医が専攻医一人ひとりの希望を親身に聞いてくださり、救急外来、ICU、HCU、一般病棟といった日々の役割を分担してくださるので、自主性をもって業務に従事することができます。
また専攻医期間でもかなりの裁量をもたせてもらえるため、バックアップがある状況下で危機感を持ちつつしっかり考え診療したことが、自分の力になったと感じております。自分のした診療についてもしっかりフィードバックしていただけるので、各症例での学びを次の診療に生かすことができます。
当院での専門研修プログラムに興味がある方は、是非、一度見学に来てください。

卒後4年専攻医 齋藤 奈実

 

連携施設

【連携施設】

広島大学病院  (広島市南区)
倉敷中央病院  (岡山県)
福井県立病院  (福井県)
名古屋掖済会病院  (愛知県)
島根県立中央病院  (島根県)
奈良県総合医療センター  (奈良県)
県立広島病院  (広島市南区)

【関連施設】

広島市立舟入市民病院  (広島市中区)
市立三次中央病院  (三次市)

ダウンロード

※添付の資料を見るためにはビューワーソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る