トップページ >  専門研修 >  専門研修プログラム > 産婦人科 広島大学病院

産婦人科 広島大学病院  

基幹施設(総合型指導施設)

広島大学病院

住所: 広島市南区霞1-2-3

担当: 産婦人科 教授 工藤 美樹

TEL: 082-257-5262

mail: 

URL: https://mkensyu.hiroshima-u.ac.jp/

 

プログラム

広島大学産婦人科専門研修プログラム
プログラム冊子概要版  (募集定員:12名)

 

プログラムの特徴

専攻医に必要な基礎知識や診療技術、地域医療をはじめ、専門領域である4分野(腫瘍、周産期、生殖内分泌、女性ヘルスケア)を基幹施設である広島大学病院および連携12施設で研修します。地域医療を経験できる施設は8施設あり、婦人科腫瘍では腹腔鏡手術の研修も積極的に行います。周産期医療ではNICUの研修も含み、生殖医療は県立広島病院で研修します。基礎から先進的医療まで目標に沿って幅広く研修が可能です。

 

指導医から産婦人科専攻医希望者へのメッセージ

現代では産科・婦人科ともに、女性のライフステージにあわせた診療が求められています。標準的な医療とともに、患者のQOLを考慮した治療の選択が可能な医療を目指しています。腹腔鏡手術やロボット手術を積極的に行い、がんゲノム医療を含めた悪性腫瘍に対する個別化医療、出生前診断や胎児治療、若年悪性腫瘍患者に対する卵子・卵巣凍結を含めた妊孕性温存など、先進的な医療にも取り組んでいます。広島県の妊産婦死亡率・周産期死亡率は国内でも最も安全なレベルの周産期体制を維持しています。また広島大学病院はがんゲノム医療拠点病院として機能しています。広島大学産婦人科専門研修プログラムでは、熱意ある指導医が、意欲にみちた皆さんの研修とキャリア形成をサポートします。県内の産婦人科医療をますます盛り上げられるよう、一緒に歩んでいきましょう。

講師 古宇 家正

 

当該プログラム専攻医から産婦人科専攻医希望者へのメッセージ

はじめまして、卒後5年目の宮原新です。産婦人科は学ぶべきことが多く、勉強の日々ですが、非常にやりがいのある診療科です。手術は帝王切開をはじめ、良性から悪性腫瘍、腹腔鏡手術から開腹手術と豊富な症例に触れ、経験豊富な指導医のもと、執刀・助手を修練しています。周産期のハイリスク症例では妊娠中から分娩、産褥、その後の管理まで内科と連携しながら診療を行っています。産婦人科の分野はこのように幅広く、女性のライフステージに合わせた診療が求められ、地域や病院ごとに様々な特徴があります。広島大学産婦人科専門研修プログラムでは、広島県全域にある多くの連携施設で学ぶことでき、幅広い視野をもった産婦人科医を目指すことができます。興味のある方はぜひ一緒に広島県の産婦人科医療を盛り上げていきましょう。

卒後5年専攻医 宮原 新

 

連携施設

【連携施設(連携型)】

呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
東広島医療センター  (東広島市)
中国労災病院  (呉市)
県立広島病院  (広島市南区)
広島市立北部医療センター安佐市民病院  (広島市安佐北区)
市立三次中央病院  (三次市)
広島赤十字・原爆病院  (広島市中区)
JA広島総合病院  (廿日市市)
JA尾道総合病院  (尾道市)
土谷総合病院  (広島市中区)
四国がんセンター  (愛媛県)
庄原赤十字病院  (庄原市)

ダウンロード

※添付の資料を見るためにはビューワーソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る