トップページ >  地域と暮らしのお役立ち情報 >  子育て支援 >  子育て応援コラム > 兄弟関係(三角関係)   津川 典子

兄弟関係(三角関係)   津川 典子

 先日,乳幼児を持っていらっしゃる保護者の方々と対話する機会がありました。
 そのときに今一番困っていることは何かと伺いますと,「兄弟関係」だと言われました。なるほど,「兄弟関係」というのはギリシャ神話の時代からなかなか難しいもののようです。
 特に2人目の子どもができた時,大変さのピークがくるように感じます。それまでは本当に天使のようにかわいかった上の子が,急変するような感じを受けることもよくあります。「あかちゃん返り」で,できていたことができなくなったり,「下の子の世話をする!」とぐずったり,逆に下の子に攻撃的になったり・・・。
 子どもの気持ちからすれば,今まで自分に向けられた温かいまなざしやスキンシップのほとんどが下の子に向けられるのですから,わからないでもありません。
 しかし,親にしてみると本当に気の休まる時がありません。いったいどうしたらいいのでしょう?
 
  
 
 ちょっと視点を変えてみましょう。もし,この2人兄弟にもう一人子どもが加わって,3人兄弟になるとどうなると思われますか?
 人数が増えるので洗濯物や食事のことなどの量は増えるのですが,家族の関係が少し変わります。
 よく保護者の方々から「3人目はかわいい」とか,「3人目は思ったより楽」という声を聞きます。実は3番目の子どもが生まれることによって,親子関係が三角関係から四角関係に変わるからです。
 子どもが2人の時には,お母さんと子どもたちの間で三角関係ができます。兄弟関係も恋愛関係も三角関係はなかなか難しいものです。
 しかし,子どもが3人になるとお母さんと子ども達の関係が四角関係になります。
 たとえば,2人の子どもが一緒に遊んでいる間に残った一人の子どもがお母さんとゆっくり話したり,関わったりすることが出来るので,みんなが満足できるということなのです。
 2人兄弟の時の困った感を解消するのにも「四角関係」を意図的に作ってみるというのはどうでしょうか?
 たとえば,お父さんが帰ってくれば四角関係です。おじいちゃん,おばあちゃん,お友達など,複数になれば五角,六角関係になることもあるかもしれませんね。
 子育ては一人で抱えずにみんなで見よう!と言われているのは,こういう「兄弟関係」からも言えることかもしれませんね。
 
コラムに対するご意見,ご感想をお寄せください。
 


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る