トップページ >  ごあいさつ > 広島県知事からのごあいさつ

広島県知事からのごあいさつ

湯崎知事「ふるさとドクターネット広島」のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

広島県では、現在、10年後を見据え,県政運営の基本となる新たな総合計画「安心▷誇り▷挑戦 ひろしまビジョン」を令和2年10月に策定し、本県の強みを生かした施策を積極的に推進しているところです。

 

その施策領域の1つとして、「医療・介護」を掲げ、市町をはじめ、広島大学、広島県医師会等の関係団体と連携しながら、広島県独自の施策を積極的に展開し、地域医療の体制づくりを推進しています。

 

本県は、全国で2番目に多く無医地区を抱えるなど、深刻な医師不足となっており、また、都市部においても救急医療の確保などが課題となっています。

 

こうした状況の中、本県では、医師の地域偏在解消のための配置調整や医師確保、人材育成等を総合的かつ機動的に取り組むため、県・市町・広島大学・広島県医師会等で構成する(公財)広島県地域保健医療推進機構を設立いたしました。

 

ふるさとドクターネット広島は、(公財)広島県地域保健医療推進機構の主要な取組みであり、ご登録いただいた皆様とともに、「広島の地域医療を支えるネットワーク」をつくってまいりたいと考えておりますので、より多くの皆様のご登録とご参加を心からお待ちするとともに、広島県の医療を、ともに考え、支えていただければと期待しております。

 

広島県の地域医療の充実を図るためには、県内外の医師、研修医、医学生等の皆様をはじめ医療機関、医療関係者のお力添えが必要です。


今後とも皆様のご理解とご協力をいただきますよう、心よりお願い申し上げます。

 

広島県知事
湯﨑 英彦


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る