トップページ >  地域医療関連情報 >  センターの取組み >  地域医療の医師確保 > 若手医師等育成支援事業の概要
トップページ >  新着情報一覧 > 若手医師等育成支援事業の概要
トップページ >  地域医療関連情報 >  センターの取組み >  センターの取組みの関連情報 > 若手医師等育成支援事業の概要
トップページ >  医師の方へ >  トピックス > 若手医師等育成支援事業の概要
トップページ >  研修医の方へ >  トピックス > 若手医師等育成支援事業の概要
トップページ >  県内医療機関の方へ >  県内医療機関の方への関連情報 > 若手医師等育成支援事業の概要
トップページ >  イベント情報 >  センター > 若手医師等育成支援事業の概要

若手医師等育成支援事業の概要

目的

基幹病院や広島大学の指導医等のグループが行う,複数の医療機関に所属する若手医師を対象とする研修会等の経費を助成することにより,若手医師の知識・技術の向上と他病院の医師とのネットワークの構築の機会を支援するとともに,若手医師の活躍の場としての広島県の魅力をアピールし,広島県で活躍する若手医師の増加を図る。

 

助成の対象

対象者

県内の複数の医療機関の若手医師を対象とした研究会等を開催するグループ

 

対象事業

次のいずれかに該当する活動とする。
(1)研修医を中心に企画・運営が行われ,他病院の若手医師とのネットワークの構築,知識・技術の向上が図られる活動
(2)県外の医学生又は初期臨床研修医が参加し,それぞれ本県の臨床研修病院又は本県の医療機関の専門研修プログラムを選択する動機付けとなる活動
(3)専攻医が専門医資格を取得するために必要な知識・技能の取得の支援となる活動

 

助成対象者の選考

助成対象者は「若手医師等育成支援事業選考委員会」において選考し決定する。

 

令和3年度若手医師等育成支援助成金の募集について

 令和年度の若手医師等育成支援助成金の交付希望団体(グループ)を以下のとおり募集します。

 

留意点

今年度より助成対象経費を改めましたので,事業概要及び要綱を必ずご確認ください。
  ●講師謝金:オンライン開催の場合は,講師謝金の助成額を助成対象経費の1/2から2/3を上限額とするよう改めました。
  ●会場使用料:1日の上限額を80,000円から100,000円に改めました。
  ●実習教材費:研究会に使用する実習用教材のみ(購入単価5万円未満のもの)に改めましたので,事務用機器・事務用消耗品は対象外になります。
・本事業は「複数の医療機関に所属する若手医師を対象とする研究会の開催等の活動」を助成対象としていますので,「学会の学術大会・地方会」や「自院の研修医のみを対象とする事業」は対象外です

 

事業概要(PDF)

若手医師等育成支援助成金交付要綱(PDF)

 

提出書類

・別記様式第1号 交付申請書 
・別紙1 交付申請を行うグループ(団体)の概要
・別紙2 実施計画書
・別紙3 所要額明細書
・収支予算(見込)書

※このページ下部のダウンロードの申請様式(WORD文書)を使用してください。

 

提出先

〒732-0057 広島市東区二葉の里3丁目2-3-4階
(公財)広島県地域保健医療推進機構 地域医療支援センター

 

提出方法

郵送(令和3年6月24日(木)までに届くよう送付してください)

 

その他

この助成金を受けた活動の様子をホームページで紹介しますので,開催報告の提出をお願いします。

 

問い合せ先

広島県地域医療支援センター

電話番号:082-569-6491 


関連情報

ダウンロード

※添付の資料を見るためにはビューワーソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る