トップページ >  新着情報一覧 > 「第15回広島西・岩国合同臨床研修会」が開催されました!
トップページ >  多彩な医師ネットワーク >  医療関係ネットワーク >  医療関係ネットワークの関連情報 > 「第15回広島西・岩国合同臨床研修会」が開催されました!

「第15回広島西・岩国合同臨床研修会」が開催されました!

第15回広島西・岩国合同臨床研修会 

開催日時

令和2年10月30日(金)

 

開催場所

On Line

 

主催団体名

広島西合同臨床研修会

代表: 新甲 靖 先生(国立病院機構広島西医療センター)

 

参加者

34名(初期研修医:23名,専攻医:1名,その他医師:10名) 

 

 

実施内容

1. 初期研修医による症例提示,プレゼンテーション,検討会

【演題1】「A case of myocarditis caused by immune checkpoint inhibitors as an immune-related adverse event (irAE)」
(1) 症例:94歳,男性, 原疾患:肺癌
(2) stageIVaの原疾患に対し免疫チェックポイント阻害剤(ICIs)を投与
(3) 同薬投与に対する免疫反応に起因する心筋炎(irAE)が疑われ加療,救命し得た
(4) ICIsに起因するirAEは比較的稀な疾患ではあるが,ICIsの使用増加に伴い注意を要する

 

【演題2】 「ダブルバルーン小腸内視鏡で小腸結石を排石したクローン病の2例」
(5) 症例1:60歳,男性, 原疾患:クローン病,症例2:80歳,男性, 原疾患:クローン病,
(6) いずれの症例も腹痛・嘔吐等,腸閉塞症状を呈し,小腸内異物疑い
(7) 症例1,2共にダブルバルーン小腸内視鏡(BE)施行し,腸石除去が可能であった
(8) 適応に条件はあるが,排出困難な小腸異物に対し,BEは有効な手段であると考えられる

 

2. 初期研修医による情報交換
 

 

主催者からの声

広島西医療センターと岩国医療センターは同じ国立病院機構の病院で,相互に研修協力病院として登録し,各病院の得意分野の研修目的で研修医が行き来しています。
平成21年から年1~2回行っている「広島西・岩国合同臨床研修会」も今回で15回目となりましたが,昨今の新型コロナ感染の状況を考慮し,初めてOn Line開催としました。
研修会は広島西と岩国が交互に主催病院となり,テーマは今回の様な症例検討会もありますが,指導医からの医療安全や暴言・暴力対応など様々な内容で行われ,主催病院が自由に決めています。

 

参加者の声

 

参加者へのメッセージ

今回はOn Lineのため行えませんでしたが,通常開催の時は研修会終了後に全員参加で懇親会も行っており,研修会よりも懇親会で議論が盛り上がることもよくあります。
コロナの状態にもよりますが,開催方法は状況に応じて変化させつつ,当研修会は継続しようと思っています。
 医学生の方も大歓迎です。病院見学もあわせて調整しますので,気軽におたずねください。

 

次回開催に向けて

この研修会は毎年10月~12月の間に行っています。
次回の詳細な日時は未定ですが,参加を希望される医学生の方は広島西のHPから担当者(副院長 新甲)までお問い合わせ下さい。
広島西医療センターHP
https://hiroshimanishi.hosp.go.jp/profession/kengaku.html


関連情報

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る