トップページ >  相談コーナー >  その他なんでも > [087] 広島大学医学部ふるさと枠の初期研修病院について(回答:1件)

相談コーナー

[087] 広島大学医学部ふるさと枠の初期研修病院について(回答:1件)

相談(2020年10月1日)

臨床研修は広島大学病院を基本とします。(広島県内必須)と,ふるさと枠のパンフレットに記載されています。

私はふるさと枠生ですが大学病院より市中病院で臨床研修を行いたい考えています。(例:広島市立広島市民病院や呉共済病院等)

研修医が少ない分,手技などを経験できる幅が増えると考えているからです。

この場合,市中病院で2年間の臨床研修を希望しても良いのでしょうか?

成績が良くないとなかなか融通が聞かないという話を聞いたことがあります。

実際のところどのようになっているか気になり,質問させていただきました。

ふるさと枠学生

 

回答(2020年10月5日)

広島大学ふるさと枠卒業医師の初期臨床研修については,「広島大学ふるさと枠卒業医師に係るキャリアプラン」において,「ふるさと枠卒業医師は初期臨床研修を県内で行うこととし,広島大学病院を中心としたプログラムを選択することが推奨される。」とされております。
 キャリアプランにありますとおり,広島大学病院を中心としたプログラムを選択することが推奨されますが,実際にはふるさと枠卒業医師で2年間とも市中病院で臨床研修を行った先輩もおられ,そういった選択が禁じられているわけではありません。
 個別具体には,広島大学医学部地域医療システム学講座にご相談ください。
 なお,例にあげている呉共済病院は,指定医療機関ではありません。呉共済病院で2年間臨床研修を行っても義務履行としてカウントすることはできませんので,ご注意ください。
 

広島県医療介護人材課

このページの先頭へ戻る