トップページ >  新着情報一覧 > 「第2回 弥山に学ぶ会」が開催されました!
トップページ >  多彩な医師ネットワーク >  医療関係ネットワーク >  医療関係ネットワークの関連情報 > 「第2回 弥山に学ぶ会」が開催されました!

「第2回 弥山に学ぶ会」が開催されました!

第2回 弥山に学ぶ会

開催日時

平成30(2018)年12月1日(土) 13:00~18:00

 

開催場所

JA広島総合病院 管理棟 3階 大会議室

 

主催

弥山に学ぶ会   

代表: 溝岡 雅文 先生(JA広島総合病院 総合診療科) 

 

参加者

29名(初期研修医:13名,後期研修医:1名,その他医師:5名,薬剤師・薬学生:10名)  

 

  

 

 

内容・主催者からの声

倉敷中央病院 救命救急センター長・総合診療科主任部長の福岡敏雄先生をお招きし,ワークショップ(以下WS)を開催した。 

WSは次の3つのセッション((1)EBMとは, (2)臨床現場のシナリオから課題を拾い上げる,(3)救急外来での診断演習)の順で進められた。 

「(1)EBMとは」では,テキストのシナリオをグループで話し合うとEBMの5つのステップが学べるようになっていた。シナリオから疑問を拾い上げ,疑問の作り方,検査や治療をする目的,EBMの4要素(根拠,資源,価値観,経験・技術)とポイント,治療の効果のポイントなどの議論がおこなわれた。

「(2)臨床現場のシナリオから課題を拾い上げる」では,各グループでシナリオを選び,文献検索して家族や患者にどう説明するかというテーマでグループワークが行われた。取り上げられたテーマは,「熱性けいれんの子の未来」,「統合失調症患者の薬中断希望」,「心房細動の患者の抗凝固療法」であった。Google班,UpToDate班,PubMed班に分かれてGoogle翻訳などを駆使して情報収集した。必要な患者情報(年齢,既往歴など)や,どの程度のリスク(死亡率,合併症率の具体的な数字)があるのか,などが調査され,情報源の特徴や情報収集のコツなどが伝授された。

最後のセッション「(3)救急外来での診断演習」は,みなさんが苦手な感度・特異度・尤度比・事前事後確率を自分で計算しながら行った。鑑別診断を考えるときには,システム(臓器)と病因(VINDICATE)の2つの要因のマトリックスを思い描いて,項目ごとに鑑別を多数あげていく方法が示された。 

 

参加者の声

  

参加者へのメッセージ

今回ワークショップに参加したことで,EBMの基本的スキルを学ぶことができたので,今後は日常の忙しいなかで上手に学んだことを実践して下さい。

 

次回開催に向けて

次回は2019年1月26日(土)に第3回弥山に学ぶ会は,東京北医療センターの南郷栄秀先生を招いてワークショップを開催予定です。 下記のURLもしくはQRコードから申込み下さい。
https://goo.gl/forms/9HVeVghOq1vuilfp2  
 


関連情報

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る