トップページ >  新着情報一覧 > 「若手精神科医・小児科医のための特別セミナー1」が開催されました!
トップページ >  多彩な医師ネットワーク >  医療関係ネットワーク >  医療関係ネットワークの関連情報 > 「若手精神科医・小児科医のための特別セミナー1」が開催されました!

「若手精神科医・小児科医のための特別セミナー1」が開催されました!

開催日時

平成29年12月3日(日) 13:30~16:30

 

開催場所

広島県医師会館

 

主催

広島児童青年精神医学研究会

代表:梶梅 あい子  先生(広島大学病院 小児科)

 

参加者

37名(後期研修医:4名,その他医師:14名,医学生:3名,その他職種:16名)

 

 

実施内容 

広島市こども療育センター児童精神科の渡部京太先生を講師としてお招きし,特別セミナーを開催しました。渡部先生は大変ご高名な児童精神科医で,国立精神・神経センター国府台病院から広島に赴任してこられています。

ご講演では,渡部先生のこれまでの児童精神科診療のご経験とこれからの広島に必要と思われることについて,ユーモアを交えながらお話しいただき,あっという間の1時間でした。

症例検討では,卒後8年目の精神科医の先生に症例提示いただき,参加者で議論を深めることができました。ご講演も症例検討も,明日からの自分達の臨床につながる示唆が得られた貴重な機会となりました。

 

主催者からの声

大変多くの方にご参加頂くことができました。医学部生が3名参加して下さったのも,大変光栄でした。

広島県内では,子どものこころの診療を担う医師は絶対的に不足しています。この分野に興味を持って下さる若い医師や医学部生が今後も増えて行くことを切に願っています。

コメディカルの参加も多かったですが,この分野ではコメディカルの育成も必須であり,大変有意義だったと考えています。

 

参加者の声

参加者へのメッセージ 

この度は,広島児童青年精神医学研究会特別セミナーにご参加いただき,ありがとうございました。今後も参加者のニーズに合った内容の研究会を開催していきたいと思っています。各医療機関や福祉・教育等との連携が必須の分野です。顔の見えるつながりを拡げていきましょう。

 

次回開催に向けて

今後も,広島の子どものこころの診療を活性化させていくために,研究会の開催を継続していきたいと思っています。

当会のHP(https://hscap.jimdo.com/)に案内を掲載していきますので,ぜひチェックしてみてください。


関連情報

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る