トップページ >  機構ブログ > 豆まき

機構ブログ

2018年 2月 7日

豆まき

こんにちは。寒い日が続いていますね。
久しぶりにブログを書いているK.Uです。

今年の節分は土曜日だったので,大聖院(宮島)の豆まきに行ってきました。テレビのニュースでは見たことがありますが,実際に行くのは初めてです。
とにかく人が多くて,ぎゅうぎゅうづめの境内で豆まき待ちの人と奥に進む人の通路の境界もあいまいで,一緒に行った友達とも離れてしまい,前にも後ろにも横にも進めなくなったところで始まるのを待ちました。(もう少し余裕のある場所もあったようなのですが,そういう場所を探すこともできず。)
特設の舞台から年男年女の方々が豆をまいて,それを受け取ります。

飛んできそうでこない,人がつかみ損ねたのが意外な方向から飛んでくる,投げる飛距離に個人差がある,ということでよく飛んでくるところと結構さっぱりなところがあったと思います。
途中2回ほど中断して前後を入れ替えがあり,取れなかった人にも豆は用意されていたので,全員が福豆をいただくことができるようになっていました。
私は,最後列あたりの時に餅をひとつ,人の入れ替え後に真ん中より少し前あたりで2つの豆を手に入れました♪
豆は紙袋の中にビニール袋入りになっています。餅は写真のとおりの状態で,ポケットに入れるともちとり粉だらけになります。その他にも,もみじ饅頭などがありました。

今では,もはや年の数などどうでもよく(数える気もなく),ある豆を全部食べられる時に食べるのみです。一粒ずつではなく手にざらっと出してぱくっと食べて,あとで胃もたれするというのが最近の節分の恒例です。

雪のちらつく寒い日々,春待ち遠しい今日この頃です。

(K.U)



このページの先頭へ戻る