トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 総合診療 呉医療センター・中国がんセンター

総合診療 呉医療センター・中国がんセンター  

基幹施設

呉医療センター・中国がんセンター

担当: 管理課 庶務係長

TEL: 0823-22-3111

mail: 

URL: http://www.kure-nh.go.jp/

 

プログラム

呉・安芸灘 ひろしま南部総合診療専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

呉医療センター・中国がんセンターは全ての診療科を揃えるひろしま南部地域唯一の三次救急指定病院です。臓器別でない診療を行い,特に高齢者や心理・社会的・倫理的問題を含む複数の健康問題を抱える患者の包括ケア,癌・非癌患者の緩和ケアなどを行います。また,地域を支える病院や,へき地の江田島市にある病院と連携し,包括的・継続的な診療の研修を行います。これらの病院群で研修を行うことにより,広島県南部(安芸灘とびしま地域)の医療体制を俯瞰することができ,地域における保険,医療,介護,福祉などの様々な分野でリーダーシップを発揮するとともに,多様な医療サービスを包括的に提供することができます。さらに広島大学との連携により,リサーチマインドを涵養した総合診療医を育みます。

 

指導医から総合診療専攻医希望者へのメッセージ

呉市は広島市の南方で,JRで約30分のところにある,人口約20万人余りの臨海都市です。当センターは,明治22年7月1日に創設された呉海軍病院を前身とする由緒ある病院です。現在は,がんセンター,第3次救急センター,心臓センター,人工関節センター,周産期母子医療センター,緩和病棟,地域医療研修センター,医療技術研修センターなどを有し,37診療科が日々の診療を行う高度総合医療施設です。同時に年間約1万2000名の(ウオークインも含む)救急患者を受け入れている地域密接型の病院でもあります。また,ICTやNSTをはじめとした各領域のチーム医療や地域連携も盛んに行われております。本院を基軸に,呉・安芸灘の海のように広い地域医療のフィールドに漕ぎ出すことで,若い医師たちのキャリアはさらに広く深く形成されると信じております。

総合診療科科長 中村 浩士

 

連携施設

【連携施設】

広島大学病院  (広島市南区)
医療法人せいざん 青山病院  (呉市)
呉市医師会病院  (呉市)
島の病院おおたに  (江田島市)
県立安芸津病院  (東広島市)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る