トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > リハビリ 広島大学病院

リハビリ 広島大学病院  

基幹施設

広島大学病院

担当: リハビリテーション科 教授 木村 浩彰

TEL: 082-257-5566

mail: 

URL: https://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp/sinryoka/chuoshinryo/sotsugo

 

プログラム

広島大学リハビリテーション科研修プログラム(リハビリテーション科)

 

プログラムの特徴

日本は世界で最も高齢化が進み,病気の治療だけでなく,生活の維持・改善や社会参加も求められます。19専門領域の中でリハビリテーション科は唯一生活を評価して改善できるので,高齢化社会の解決策と期待されています。当プログラムでは,急性期病院だけでなく,回復期リハ病院や地域包括ケア病院,在宅医療を経験し,介護保険や行政にも関わります。生活を診るため広島の各地を周るため,地域枠の方も大歓迎です。

 

指導医からリハビリテーション科専攻医希望者へのメッセージ

高齢化社会を乗り切るため病院機能の差別化が進行しています。今後,大学病院の様な急性期病院は減少し,その代り24時間365日運営されます。一方,自宅に戻るため生活の再構築と維持が求められ,回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟は増加します。リハビリテーション医療は,医師だけでなく理学療法士や作業療法士,言語聴覚士など多職種が介入しますが,人間とその生活を評価するために多面的な介入が必要なことを示しています。「生活を診る」ことは,病気の診断と治療と異なる特別な知識が必要です。リハビリテーション医は専門職の情報を統括し,目的を設定して調和を持って遂行させる指揮者の様な役割があります。患者だけでなく自らの生活の質も考慮しながら,高齢化社会を切り開くリハビリテーション医は,これからの社会に最も必要です。

教授 木村 浩彰

 

当該プログラム専攻医からリハビリテーション科専攻医希望者へのメッセージ

リハビリテーション科の専門性とは何でしょうか。リハ科は疾患や病気だけを診るのではなく,疾患や周辺環境により生じた患者さんの「機能障害」を診る,またその先の「生活」を診る科です。患者さんが退院後に快適に生活をするためには何が必要か,どんな医療資源を使うべきかを,多職種との連携のもと提供することで,患者さんのQOLに密に関わることが出来るのが魅力の1つだと考えています。リハ医は何をしているのか分かりづらいといわれることもありますが,患者さんの生活・QOLに関して幅広く,かつ深く関わることができる科です。高齢化社会が進行していくなかで,今後さらに需要が高まっていきます。患者さんへの治療の先にある「生活」に興味がある方,是非一緒にリハビリテーション科で働いてみませんか。

卒後4年専攻医 井口 紘輔

 

連携施設

【連携施設A】

広島市立リハビリテーション病院  (広島市安佐南区)
公立みつぎ総合病院  (尾道市)

【連携施設B】

アマノリハビリテーション病院  (廿日市市)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る