トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > リハビリ 広島大学病院

リハビリ 広島大学病院  

基幹施設

広島大学病院

担当: リハビリテーション科 教授 木村 浩彰

TEL: 082-257-5566

mail: 

URL: https://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp

 

プログラム

広島大学病院リハビリテーション科専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

研修プログラムの3年間で,大学病院における急性期の研修,回復期病床における回復期の研修,回復期後において患者・障害者の支援を行う生活・維持期の全てのリハビリテーションをバランス良く学べます。また研究にも力を入れており,希望すれば専攻医の期間中に大学院に進学し,臨床を行いながら研究をスタートすることも可能です。

 

指導医からリハビリテーション科専攻医希望者へのメッセージ

残念ながら全ての疾病を完治させることはできません。しかし,疾病により生じた障がいの診断を行い,適切な運動,装具・義足・車椅子などの補助具や社会制度を用いれば,患者さんのQOL(生活の質)を維持・向上させることは可能です。当プログラムの中には,一般的な内科・整形外科診療も含めています。その上でリハビリテーションの知識も身に付け,人間全体を診るドクターを一緒に目指しましょう。
また,近年リハビリテーションに関わる分野は多岐に広がっています。希望する専門分野での研究・研修を進められるようなプランも考えています。海外の大学とも連携しており,留学などのサポートも可能です。
リハビリテーション科で,自分たちのQOLも向上させながら,一緒に頑張って行きましょう!!

教授 木村 浩彰

 

連携施設

【連携施設A】

広島市立リハビリテーション病院  (広島市安佐南区)
アマノリハビリテーション病院  (廿日市市)
公立みつぎ総合病院  (尾道市)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る