トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 救急 広島市民病院

救急 広島市民病院  

基幹施設

広島市民病院

担当: 事務室総務課人事係(研修管理委員会) 川野・大畑・近藤・長谷川

TEL: 082-221-2291

mail: 

URL: http://www.city-hosp.naka.hiroshima.jp/

 

プログラム

広島市立広島市民病院救急科研修プログラム

 

プログラムの特徴

将来ERフィジシャンになることを目標とする研修プログラムです。救急医療の構成要素である救急外来診療・救命センター病棟管理・災害医療・プレホスピタルケアー全般を3年間で習得します。ER診療は当院で,救命医療は高度救命救急センターである岡山大学病院・広島大学病院・兵庫県災害医療センターの内から選択し研修します。

 

指導医から救急科専攻医希望者へのメッセージ

ER診療は医療的な知識はもちろんのこと,医療を取り巻く社会情勢・社会問題,人の生き方に関する深い理解が必要とされます。単に知識・技術を習得するだけでなく,マネージメント能力 コミュニケーション能力 教育力を高めることを学びますが,最も大切なことが人間性を鍛え上げる事です。研修終了がゴールではありません。死ぬまで学び続ける意欲が必要です。そんな人を求めています。一緒に修行しましょう。

救急科主任部長 内藤 博司

 

連携施設

【連携施設】

広島市立舟入市民病院 (小児)  (広島市中区)
広島大学病院  (広島市南区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
兵庫県災害医療センター  (兵庫県)
岡山大学病院  (岡山県)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る