トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 耳鼻咽喉科 広島市民病院

耳鼻咽喉科 広島市民病院

基幹施設

地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立広島市民病院

住所: 広島市中区基町7-33

担当: 事務室総務課人事係(研修管理委員会) 川野・有馬・長谷川・児玉

TEL: 082-221-2291

mail: 

URL: http://www.city-hosp.naka.hiroshima.jp/

 

プログラム

広島市民病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

高度専門治療であるがん拠点病院として頭頸部癌に対し,放射線科・形成外科・腫瘍内科並びに緩和ケアチーム,栄養サポートチーム,摂食嚥下機能チームなどの院内各部門と連携を図り,チーム医療に当たっています。一方で耳科,鼻科,咽頭などの症例も豊富で手術室で行う手術件数が700件と多く,幅広い分野を学ぶことができます。
広島市こども療育センターの嘱託医を兼務しているため,小児例も多数で,人工内耳手術も中四国有数の症例数です。5名の言語聴覚士が在籍し,耳鼻咽喉科検査や音声障害や嚥下障害のリハビリにも幅広く対応しています。4年間の研修を終えた際には様々な症例に対応できる耳鼻科医に成長していただけることを目標として,きめ細かな指導を心がけています。

 

指導医から耳鼻咽喉科専攻医希望者へのメッセージ

広島市民病院耳鼻咽喉科頭頸部外科専門研修プログラムでは,専門研修基幹施設である広島市民病院と関連研修施設である岡山大学病院,熊本大学病院において,それぞれの特徴を活かした耳鼻咽喉科・頭頸部外科の専門研修を行い,日耳鼻が定めた研修到達目標や症例経験基準に掲げられた疾患や手術を経験します。
4 年間の研修期間の内,1~3年目は広島市民病院にて耳鼻咽喉科の基本的知識,診療技術を習得します。4年目は選択性となり,連携施設である岡山大学病院,熊本大学病院で研修を積んでいただくプログラムのほか,引き続き広島市民病院で研修を行う場合,各専門分野の高度な手術,頭頸部悪性腫瘍に対する手術,放射線化学療法,緩和医療など主治医として担当して頂きます。
少しでも興味がある方は是非一度 見学にいらしてください。

副院長(兼)耳鼻咽喉科・頭頸部外科部長 井口 郁雄

 

当該プログラム専攻医から耳鼻咽喉科専攻医希望者へのメッセージ

耳鼻咽喉科・頭頸部外科は耳,鼻,咽喉と専門分野が多岐に分かれており,それに伴う診療技術も必要となります。
当院の耳鼻咽喉科・頭頸部外科の後期研修医として働いてから約1年半経ちました。はじめの頃は鼓膜を観察,鼻鏡,喉頭ファイバーを使う診察はままならない状態でしたが,たくさんの症例の診察をさせていただき,徐々に上達していくのがわかるようになりました。当病院は診療所からの紹介や院内の他科からの紹介が多く,様々の症例に関わることができます。扁桃周囲膿瘍や中耳炎などのCommon diseaseから嚥下機能検査,悪性腫瘍などの専門領域など様々な疾患の診療に関わることが出来ます。手術件数も多いので口蓋扁桃摘出術などは早いうちから執刀をすることが出来ます。早い段階で主治医として診断治療を行うことができ,刺激的な毎日を過ごすことができます。
興味のある方は是非一度見学に来てください。

卒後4年専攻医 竹本 玲子

 

連携施設

【連携施設】

福山市民病院  (福山市)
国際医療福祉大学 成田病院  (千葉県)
岡山大学病院  (岡山県)
熊本大学病院  (熊本県)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る