トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 産婦人科 広島市民病院

産婦人科 広島市民病院  

基幹施設(総合型指導施設)

広島市民病院

担当: 事務室総務課人事係(研修管理委員会) 川野・有馬・近藤・長谷川

TEL: 082-221-2291

mail: 

URL: http://www.city-hosp.naka.hiroshima.jp/

 

プログラム

広島市民病院産婦人科研修プログラム

 

プログラムの特徴

広島市民病院専門研修プログラムでは広島市立広島市民病院産婦人科を基幹施設とし,連携施設(岡山大学病院,興生総合病院,岩国医療センター)とともに研修施設群を形成して専攻医の指導にあたります。連携施設にはそれぞれ得意とする産婦人科診療内容があり,基幹施設を中心として連携施設をローテートする事で生殖医療,婦人科腫瘍,周産期,女性のヘルスケアの4領域を万遍なく十分に研修する事が可能です。

 

指導医から産婦人科専攻医希望者へのメッセージ

広島市民病院産婦人科は,産婦人科専攻医指導施設,総合周産期母子医療センター,婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設,産婦人科内視鏡学会認定研修施設,女性ヘルスケア認定研修施設などに認定されています。年間分娩数は約1,000件,手術件数は約1,400件です。当科で分娩する妊婦さんの多くは,何らかのリスクを有しているいわゆるハイリスク妊婦さんですので,他院では経験できない様々な症例を短期間で習得することが可能です。
また,当科では低侵襲手術である腹腔鏡下手術を積極的に取り入れています。今後,腹腔鏡下手術は必須の手技となりますが,当プログラムでは後期研修医の間に腹腔鏡下子宮全摘術の術者が可能になる様に指導いたします。産婦人科は,女性の一生をトータルでサポートする科です。私たちと一緒に,楽しく研修をしていきましょう。

総合周産期母子医療センターセンター長 児玉 順一

 

当該プログラム専攻医から産婦人科専攻医希望者へのメッセージ

今年度4月より当該プログラムの研修を広島市民病院にて開始しましたが,やはり症例数の多さに驚きます。
私自身は10月現在までに分娩の立ち会い43件,執刀に関しては熟練した指導医のもと,帝王切開術27件,腹腔鏡下手術20件,開腹手術10件,子宮鏡下手術12件,腟式子宮全摘術2件,子宮頸部円錐切除術14件,経験させて頂きました。
執刀を担うことで学ぶことも多く,反省し,次に繋がるよう奔走する日々です。臨床的,実践的な側面が強い一方で,週に1回の抄読会や学会発表・参加も積極的に行っており,アカデミックな側面もあります。
来年度は連携施設の岡山大学附属病院,興生総合病院で半年ずつ研修予定ですが,施設ごとの担う役割なども含め経験できるのではないかと思います。産婦人科,楽しいです!みなさんと一緒に研修できる日をお待ちしています。

卒後3年専攻医 清水 かれん

 

連携施設

【連携施設(連携型)】

興生総合病院  (三原市)
岡山大学病院  (岡山県)
岩国医療センター  (山口県)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る