トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 外科 広島市民病院

外科 広島市民病院  

基幹施設

広島市民病院

担当: 事務室総務課人事係(研修管理委員会) 川野・有馬・近藤・長谷川

TEL: 082-221-2291

mail: 

URL: http://www.city-hosp.naka.hiroshima.jp/

 

プログラム

広島市民病院群外科専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

基幹病院の広島市民病院では外科専門医研修に必要とされる消化器外科,心臓血管外科,呼吸器外科,乳腺外科,小児外科の5つの標榜科が揃っています。
手術症例数は広島県下では最も多く,どの科の症例数も豊富です。がん診療連携拠点病院としてのがん手術や小児・成人心臓手術など高難度の手術を多く経験できる一方で,救急部を備えた市中病院として虫垂炎,胆石症,気胸,ヘルニアなどの低難度手術,緊急手術も多くこれらを執刀できることが特徴です。
3年間の研修のうち2年半は基幹病院で,半年間は関連病院(市立舟入病院,広島逓信病院,庄原赤十字病院,川崎医科大学附属病院の4病院)で研修の予定です。

 

指導医から外科専攻医希望者へのメッセージ

当プログラムでは各外科間の横断的な連携と,20名を越える臨床力のある指導医による屋根瓦式の指導体制が整っています。その中で専攻医の熟達度に応じた多数の手術を経験できることと大学などに比べ自由度が高いことが魅力のひとつです。広島で外科医として働きたいという希望を持つ専攻医を,当プログラムの外科専攻医として是非受け入れたいと考えています。3年の間に外科医としての基礎能力を高めながら,自分の進路,方向性を考えていただければよいと思います。今まで培ってきた専門医教育をもとに総合力の高い外科専門医の育成に努めたいと考えています。意欲のある専攻医のみなさんとともに働き,学べることを,指導医ほか職員一同楽しみにお待ちしています。

副院長 兼 外科部長 塩崎 滋弘

 

当該プログラム専攻医から外科専攻医希望者へのメッセージ

当プログラムの魅力は高難度の手術と低難度の手術の両方を経験可能であることです。
当院はがん拠点病院であり,悪性腫瘍手術件数は非常に多いです。その中には他科との合同手術が必要な複雑な症例もあります。若手の頃から高難度手術に触れることは非常に重要な事です。そして,習熟度によっては執刀の機会が与えられる場合があります。
また,市内中心部という立地で救急医療が盛んであるという事もあり,虫垂炎,胆嚢炎,気胸などのcommon diseaseの手術,術前術後管理も学ぶことができます。そういった症例では若手外科医でも多くの執刀を経験させて頂いています。当院での外科研修を考えているみなさんとこの春から共に働く事ができることを楽しみにしております。

卒後3年専攻医 岡田 和大

 

連携施設

【連携施設】

広島逓信病院  (広島市中区)
広島市立舟入市民病院  (広島市中区)
庄原赤十字病院  (庄原市)
川崎医科大学附属病院  (岡山県)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る