トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 内科 福山市民病院

内科 福山市民病院  

基幹施設

福山市民病院

住所: 福山市蔵王町五丁目23番1号

担当: 病院総務課 主事 藤本 依吹

TEL: 084-941-5151

mail: 

URL: https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyama-hospital/

 

プログラム

福山市民病院内科専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

福山市民病院は救命救急センターを併設し,広島県東部から岡山県西部の中核となる急性期病院です。当院の役割は,「救急医療」,「がん診療」,「高度専門医療」であり,当地において,大学病院の代わりとなるべき病院です。よって,症例は非常に豊富で,特に消化器(肝・胆膵・消化管),循環器,呼吸器,血液領域では充実した研修が可能です。また,連携施設への出向が6か月と短期間であることも特徴です。

 

指導医から内科専攻医希望者へのメッセージ

当院の内科は,一般内科としての,肝臓・胆膵・消化管・呼吸器・血液・腎臓に加え,循環器内科,神経内科,腫瘍内科に常勤の専門医を配し,糖尿病は週3回・膠原病は週1回の非常勤専門医で構成される総合内科です。各専門領域で救急・がん・高度専門診療に取り組んでいますが,各専門科の垣根は低く協力しながら診療しています。
大学病院のない当地の中核病院である性格上,症例は非常に豊富で,コモンな救急疾患から稀な症例まで経験可能で,専攻医の数もそれほど多くないため,消化管・胆膵内視鏡,気管支鏡,心臓カテーテルなど基本手技から高度専門手技まで,奪い合うことなく経験可能です。学術活動においては,地方会の奨励賞,全国学会の主題発表,論文作成が専攻医の目標です。是非我々と共に地域医療を支えながら研鑽し,専門医を取得して下さい。

副院長 兼 診療部長 兼 内科統括科長 植木 亨

 

当該プログラム専攻医から内科専攻医希望者へのメッセージ

内科専攻医3年目の平原知晃です。初期研修の際より引き続き,内科研修プログラムで福山市民病院にお世話になっています。
当院は広島県東部から岡山県西部を医療圏とする地域の中核となる急性期病院です。新専門医制度が始まり,J-OSLERへの登録には様々な分野の症例を経験しなければなりませんが,70疾患群,計200症例以上の疾患をほとんど経験することが可能なほど当院の体制は充実しています。
私はサブスペシャリティである循環器内科の研修を中心に行いながら,初診外来を含め並行して内科研修を行っています。各科の専門家の間でも垣根が低く,相談もしやすい環境ですので症例への的確なフィードバックも得られて大変勉強になっています。当院のプログラムに興味のある方は是非一度見学にいらしてください。

卒後3年専攻医 平原 知晃

 

連携施設

【連携施設】

広島大学病院  (広島市南区)
福山医療センター  (福山市)
大田記念病院  (福山市)
中国中央病院  (福山市)
川崎医科大学附属病院  (岡山県)
川崎医科大学総合医療センター  (岡山県)
倉敷中央病院  (岡山県)
岡山赤十字病院  (岡山県)
津山中央病院  (広島県)

【特別連携施設】

紫苑会 藤井病院  (福山市)
府中市民病院  (府中市)
神石高原町立病院  (神石高原町)
井原市民病院  (岡山県)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る