トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 総合診療 広島市立安佐市民病院

総合診療 広島市立安佐市民病院  

基幹施設

地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立安佐市民病院

住所: 広島市安佐北区可部南2-1-1

担当: 事務室 総務課 人事係 神門 祥太

TEL: 082-815-5211(代表)

mail: 

URL: http://www.asa-hosp.city.hiroshima.jp/

 

プログラム

藝州ネットワーク(Ge-net)総合医養成プログラム

 

プログラムの特徴

当プログラムでは地域で楽しく誇りを持って働き続けることをモットーに,当院では朝は全員回診,地域の病院ともウエブで繋げ,毎週みんなで話しあいながら診療をしています。また地域の特性から,疾患に偏りなく受診されるため,疾患頻度に応じて救急患者を対応することができます。
初期診療を担当することで,急性期の循環管理やコモンな疾患(肺炎,感染症,心不全)の管理,高齢者の医療・介護の垣根のない支える終末期医療まで経験し,それぞれに長けた技能をもつスタッフが指導しています。

 

指導医から総合診療専攻医希望者へのメッセージ

今,社会で必要とされている医療とはなんでしょうか。限られた医療資源の中で,最適な医療を提供すること,つまりあらゆる救急の初療から慢性期の管理まで総合的に対応する医師が求められています。このことが子ども~高齢者が住み慣れた場所で安心した生活を提供することにつながります。
本プログラムの目標は急性期の初療から病棟管理~慢性期の管理・外来診療まで一人の人を責任を持って最期までみれる医師,あらゆる状況・社会背景にも他職種で協力して対応できる誇りを持った医師を養成することです。急性期病院では内科系救急診療の初療,診断,病棟管理,そして地域では在宅医療を指導しています。
技術面では,限られた資源の中でプライマリケア医が診療所~病院とどこでも使用できるデバイスとして超音波の指導に力を入れており,腹部~心臓超音波まで横断的に指導しています。ぜひ,仲間に入って一緒に楽しく仕事しましょう。

内科・総合診療科部長・総合診療専門研修プログラム責任者 原田 和歌子

 

 

 

連携施設

【連携施設】

広島大学病院  (広島市南区)
日比野病院  (広島市安佐南区)
安芸太田病院  (安芸太田町)
北広島町雄鹿原診療所  (北広島町)
市立三次中央病院  (三次市)
三次地区医療センター  (三次市)
三次市作木診療所  (三次市)
庄原赤十字病院  (庄原市)
西城市民病院  (庄原市)
公立邑智病院  (島根県)


ダウンロード

※添付の資料を見るためにはビューワーソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る