トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 総合診療 県立広島病院

総合診療 県立広島病院  

基幹施設

県立広島病院

担当: 総務課 参事 井元 敏裕

TEL: 082-254-1818(代表)

mail: 

URL: http://www.hph.pref.hiroshima.jp/

 

プログラム

県立広島病院総合診療専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

当プログラムの目的は,専門領域の各科と協働した全人的医療を展開しつつ,地域密着型の連携施設での診療等を通じ,キャリアパスの形成や地域医療に携わる実力を付けることです。
急性期医療等を提供する地域医療支援病院の特性を活かし,専門科の協力を得て,必要な疾患や症例を経験できるようバックアップ体制を構築しています。
充実した指導体制と研修環境のもと,患者中心の医療・ケア,連携重視のマネジメント等の資質・能力を効果的に修得できます。

 

指導医から総合診療専攻医希望者へのメッセージ

急速な高齢化に伴い,地域包括ケアシステムの構築に向けた取組みが進められる中,医師にはプライマリ・ケアを実践できる人材としてだけでなく,地域の多職種等との連携においても重要な役割を担うことが求められています。
そのため,人口規模や医療資源が異なる地域での保健・医療・介護・福祉等の様々な分野での活動を通じて,異なるニーズに的確に対応できる専門医の育成が不可欠な状況にあります。
当院は広島県の中核病院として高度専門医療等を担う一方,地域医療を持続的に支え,住民の皆さんが安心して暮らせる環境を整備する役割を果たしていく必要があります。
当院プログラムを通じて,地域医療の発展に貢献できる総合診療専門医を目指しませんか。

総合診療・感染症科主任部長 橋本 正樹

 

連携施設

【連携施設】

安芸太田病院  (安芸太田町)
北広島町雄鹿原診療所  (北広島町)
県立安芸津病院  (東広島市)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る