トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 救急科 県立広島病院

救急科 県立広島病院  

基幹施設

県立広島病院

担当: 総務課 参事 井元 敏裕

TEL: 082-254-1818(代表)

mail: 

URL: http://www.hph.pref.hiroshima.jp/

 

プログラム

県立広島病院救急科専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

高度急性期医療を担う県立広島病院の特性を活かし,他領域の専門医と協働した救急診療を十分経験でき,病院前救護(ドクターヘリ等)やメディカルコントロールへの参加も可能です。標準化救急研修では多数のインストラクターから指導法を学べます。
経験豊富で熱意ある指導医が多数在籍する当プログラム体制のもと,救急科専門医の専門性の核心である「様々な傷病,緊急度の救急患者に,適切な初期診療を行える」能力の修得が可能です。

 

指導医から救急科専攻医希望者へのメッセージ

(1) 救急医療は地域医療を守る大切な使命の一つです。当院では地域の重症救急患者を常時受け入れると同時に病院前救急診療にも力を注ぎ,基幹災害拠点病院としての活動を含めて,県内の救急・災害医療体制の向上に努めています。
(2) 救急医療は医の原点です。救急科プログラムでは他の専門分野への進路を見据え,まずは救急科専門医を取得することが可能です(救急科プログラムを1~2年のみ履修し,他の基本領域プログラムに移って研修完了後に,再び残りの期間だけ救急科プログラムに戻り,救急科専門医を取得することもできます。)
(3) 救急医になるためには多様な診療経験が必要です。広島大学病院高度救命救急センターや地域二次救急医療機関と連携した研修を通じ,十分な臨床経験が積めます。
全ての救急患者の初療やICUを含めた入院治療を行う能力を備えた専門医を目指し,当院プログラムに是非応募してください。

特命副院長・救命救急センター長・救急科主任部長 山野上 敬夫

 

連携施設

【連携施設】

広島大学病院  (広島市南区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
マツダ病院  (府中町)
中国労災病院  (呉市)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る