トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 救急科 広島大学病院

救急科 広島大学病院  

基幹施設

広島大学病院

住所: 広島市南区霞1-2-3

担当: 高度救命救急センター 准教授 大下 慎一郎

TEL: 082-257-5456

mail: 

URL: https://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp/sinryoka/chuoshinryo/sotsugo/

 

プログラム

広島大学病院救急科専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

広島大学病院救急科研修プログラムは,広島県内のみならず京都・岡山・島根・埼玉・滋賀・福岡にわたる計22の多施設で構成されているのが特徴です。このため,ER型の救急医療から高度救急医療まで多彩な研修を行うことができます。ドクターヘリ,災害医療(DMAT),ECMOなど専門性の高い医療も研修することができます。若手医師・女性医師が多い環境ですので,リラックスした雰囲気の中で研修を行うことができます。

 

指導医から救急科専攻医希望者へのメッセージ

救急医療の最も魅力的な点は,すべての年齢の患者,すべての臓器にわたり,内因性・外因性を問わず広く診断・治療できることにあると思います。救急患者さんを目の前にしたとき,たとえどんな病態であろうと,冷静・的確・迅速な判断をし,処置・治療を行い,その結果,患者さんがメキメキと改善する姿を見るのは,何にも代えられない達成感と充実感を得られます。
そのためには,スピード感と正確性を備えた診断力と,確実な処置を行える技術力を,普段から養っておくことが重要です。また,救急医療ではドクターヘリ・災害医療など院外における活躍の場も多いのが特徴です。少数の医師で多数傷病者を救命するためには,特殊な訓練が必要です。
当プログラムではこれらの訓練を行うための環境が十分に整っています。ぜひ一緒に充実した仕事をしましょう!

准教授 大下 慎一郎

 

当該プログラム専攻医から救急科専攻医希望者へのメッセージ

高度救命センターである当院には昼夜問わず様々な患者が運ばれてきます。疾患は敗血症,外傷,呼吸不全と様々ですが,共通点しているのは重症度が高いという点です。
当科ではそれらの患者を初療から対応し,集中治療のフェーズはもちろん安定後は転院まで担当します。これらのどのフェーズにおいても後期研修医には役割があり,チームの一員として日々の診療にあたります。救急と集中治療という幅広い分野を経験することで,日々刺激を受け,医師として成長できるはずです。
一方で,重症度の高い患者を対応することは楽なことではありません。当科では完全シフト制を採用しているため,自身の時間もしっかりと持つことができます。救急・集中治療に興味のある方はぜひ一度見学にお越しください。

卒後5年専攻医 松本 丈雄

 

当院の専門研修プログラムの特徴は、自身の目標や課題に応じて、フレキシブルな研修ができる点にあります。広島大学病院での研修は、3次救急の初療や、入院後の集中治療が主体となります。多様な病態について、日々ディスカッションをしながら診療を行えることは、若手医師にとっても恵まれた環境であると思います。
私自身は卒後4年目に市中病院で麻酔科研修を行い、再び広島大学病院へ戻りましたが、麻酔管理を学ぶ機会があったことで、臨床の奥深さを改めて感じています。救急や集中治療の分野は、全身の問題に携わることができ、決して飽きることのない領域だと思っています。
当院の救急集中治療科は女性医師も多く、とても雰囲気のよい職場です。興味を持ってくださった先生、是非一度、見学に来て頂けると嬉しいです。

卒後5年専攻医 森尾 友香

 

連携施設

【連携施設】

広島市民病院  (広島市中区)
県立広島病院  (広島市南区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
マツダ病院  (府中町)
JA広島総合病院  (廿日市市)
中国労災病院  (呉市)
呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
東広島医療センター  (東広島市)
JA尾道総合病院  (尾道市)
かわぐち心臓呼吸器病院  (埼玉県)
長浜赤十字病院  (滋賀県)
京都医療センター  (京都府)
京都第二赤十字病院  (京都府)
市立福知山市民病院  (京都府)
京都第一赤十字病院  (京都府)
京都府立医科大学病院  (京都府)
島根県立中央病院  (島根県)
倉敷中央病院  (岡山県)
産業医科大学病院  (福岡県)

【関連施設】

興生総合病院  (三原市)
市立三次中央病院  (三次市)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る