トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 救急科 広島大学病院

救急科 広島大学病院  

基幹施設

広島大学病院

担当: 救急科 講師 津村 龍

TEL: 082-257-5654

mail: 

URL: https://www.hiroshima-u.ac.jp/iryo/kensyu/ika01/ika15

 

プログラム

広島大学病院救急科専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

広島大学病院救急科研修プログラムの研修施設は18施設で,広島県内のみならず,岡山県,京都府,滋賀県の病院とも連携しています。研修施設は,各々,多彩な特徴をもっており,研修先を自由に選択することで多様な研修を行うことができます。また,ドクターヘリの基幹病院ですので,ドクターヘリでの航空医療を経験することも可能です。女性医師が多いことも特徴で,女性の方も安心して働ける環境が整っています。

 

指導医から救急科専攻医希望者へのメッセージ

救急科領域の専攻医は急病や外傷の種類や重症度に応じた総合的判断に基づいて,必要に応じて他科専門医と連携し,迅速かつ安全に急性期患者の診断と治療を進めることが可能になります。また,急病や外傷で複数臓器の機能が急速に重篤化する場合は初期治療から継続して,根本治療や集中治療にも中心的役割を担うことも可能です。 さらに地域の救急医療体制,特に救急搬送(プレホスピタル)と医療機関との連携の維持・発展,また災害時の対応にも関与し,地域全体の安全を維持する仕事を担うことも可能となります。研修を修了することで,標準的な医療を提供でき,国民の健康に資するプロフェッショナルとしての誇りを持った救急科専門医となることができます。若手医師の割合が高く,活気溢れる職場環境で是非一緒に働きましょう。

講師 津村 龍

 

当該プログラム専攻医から救急科専攻医希望者へのメッセージ

当プログラムの特徴は,(1)中四国随一の濃密なクリティカルケア(2)充実したプレホスピタルケア(3)メリハリある勤務体制です。
(1) 県内外の最重症症例や,大学病院ならではの院内複雑症例のケアに多職種で当たります。世界標準のシンプルなケアをモットーとしたブレない救急集中治療を本気で目指しており,若手が多いのが特徴です。無理ないチーム制で上級医の現場指導や多科/職種からのフィードバックで効率的に研鑽が積めます。
(2) ヘリ等のプレホスピタルケアのノウハウが積み重ねてありon/off the jobトレーニングが充実しています。
(3) 完全交代制を実現した勤務体制は何より魅力です。これからの医療に不可欠な医療者の心身サポートを非常に重要視しています。日本,世界をリードする救急集中治療を一緒に担いませんか。

卒後5年専攻医 石井 潤貴

 

 広島大学病院救急科専門研修プログラムでは,県内外の多くの関連病院で,後期研修のうちから専門性を意識した研修ができることが強みであると考えます。私自身も卒後4年目の1年間,大阪母子医療センター集中治療科へ国内留学し,小児集中治療を学びました。専門研修後広島に戻ってからは,重症小児患者の受け入れ時に頼りにして頂くことが多く,1年で身に着けた知識を活かしながら自信をもって診療を行っています。
また,近年女性医師が増え続けていることも当科の自慢の1つです。子育てをしながらフルタイムで勤務されている医師もおり,ワークライフバランスを意識した働き方が体現されている職場であると考えます。「救急に興味はあるけど,女性医師が続けるのは難しい?」と悩んでおられる先生方,ぜひ見学に来てみてくださいね。

卒後5年専攻医 三好 博実

 

連携施設

【連携施設】

広島市民病院  (広島市中区)
県立広島病院  (広島市南区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
マツダ病院  (府中町)
JA広島総合病院  (廿日市市)
中国労災病院  (呉市)
呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
東広島医療センター  (東広島市)
JA尾道総合病院  (尾道市)
長浜赤十字病院  (滋賀県)
京都医療センター  (京都府)
京都第二赤十字病院  (京都府)
市立福知山市民病院  (京都府)
京都第一赤十字病院  (京都府)
倉敷中央病院  (岡山県)

【関連施設】

興生総合病院  (三原市)
市立三次中央病院  (三次市)

 


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る