トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 病理 広島大学病院

病理 広島大学病院  

基幹施設

広島大学病院

住所: 広島市南区霞1-2-3

担当: 病理診断科 教授 有廣 光司

TEL: 082-257-5590

mail: 

URL: https://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp/sinryoka/chuoshinryo/sotsugo/

 

プログラム

広島大学病理専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

本プログラムでは,連携施設群は広島市内では15分以内,近郊あるいは隣接市では30分前後の範囲に位置し,互いにコンパクトな位置関係にあり高い利便性が特徴の一つです。全臓器の疾患と移植医療に関する検体を日常的に扱い,general pathologyを十分習得して,どの分野でもレベルの高い能力を身につけた病理専門医と細胞診専門医になれます。更にsubspecialtyとして研究対象における専門性を目指せることも魅力です。

 

指導医から病理専攻医希望者へのメッセージ

病理診断学のみならず,医療全体が大きく変化しようとしていることを実感します。それは人工知能が様々な分野で取り入れられ,デジタル技術の進歩と相まって益々便利で無駄無く迅速に医療が行える環境が現れようとしているからです。
さらに,本学はがんゲノム医療拠点病院に指定され,中四国のがんゲノム医療を推進する重責を担います。このような時代にこそ『本物の』病理医が必要です。その一端としては,臨床や病理に関する知識のみならず,患者や他の医療者との円滑な関係性において医療全体を進めて行ける協働性であり,身近な問題から医療全体にまで及ぶかもしれない難問まで常に問題意識を持ち,解決しようとする研究力や突破力でしょう。
本プログラムはAIやデジタル病理など現代の病理において重要になるツールに触れつつ,人体病理の基本の基も押さえようという欲張りな内容です。是非私たちの仲間になってください。

病理診断科 教授 有廣 光司

 

当該プログラム専攻医から病理専攻医希望者へのメッセージ

広島大学病院の病理専門プログラムで研修中の広島大学大学院 分子病理学研究室の城戸と申します。当プログラムは広島大学病院や広島市内を中心とした他施設との連携により多彩な症例を経験できる機会に恵まれ,また大学院生として研究を学ぶ環境も整っています。
私は現在,育児をしながら研修を行なっています。病理医は時間を比較的自由に使えるので,子育てとの両立がしやすい働き方だと思います。子育てに限らず,学術活動や研究,何か興味のあることも一緒に頑張りたい人に病理という選択は大変おすすめです。私自身も周囲のサポートもあり,忙しいですが充実した日々を送っております。広島で病理を一緒に学びませんか?少しでも興味があれば,気軽にご相談ください。

卒後3年専攻医 城戸 綾

 

連携施設

【連携施設1群】

広島市民病院  (広島市中区)
広島赤十字・原爆病院  (広島市中区)
県立広島病院  (広島市南区)
呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
神戸大学医学部附属病院  (兵庫県)

【連携施設2群】

JR広島病院  (広島市東区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
広島西医療センター  (大竹市)
JA広島総合病院  (廿日市市)
中国労災病院  (呉市)
呉共済病院  (呉市)
東広島医療センター  (東広島市)
JA尾道総合病院  (尾道市)

【連携施設3群】

中電病院  (広島市中区)
広島記念病院  (広島市中区)
吉島病院  (広島市中区)
土谷総合病院  (広島市中区)
福島生協病院  (広島市西区)
広島共立病院  (広島市安佐南区)
JA吉田総合病院  (安芸高田市)
マツダ病院  (府中町)
済生会広島病院  (坂町)
呉市医師会病院  (呉市)
市立三次中央病院  (三次市)
庄原赤十字病院  (庄原市)
柳井医療センター  (山口県)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る