トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 病理 広島大学病院

病理 広島大学病院  

基幹施設

広島大学病院

担当: 病理診断科 教授 有廣 光司

TEL: 082-257-5590

mail: 

URL: https://www.hiroshima-u.ac.jp/hosp

 

プログラム

広島大学病理専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

広島市内を中心とするコンパクトで多彩な連携施設群と全国的な高度専門施設群で構成されることが特徴で,各専門分野を担当する指導医陣による懇切丁寧な指導が受けられます。レベルの高いジェネラリストとしての実力の上に専門性を構築することを目指します。病理診断学を窮めたい人,あるいは大学院生として分子病理学的研究に注力したい人など専攻医の様々な興味と希望に対応します。

 

指導医から病理専攻医希望者へのメッセージ

広島大学病院を基幹施設とする専門研修プログラムでは,連携施設群は広島市内では15分以内,近郊あるいは隣接市では30分前後の範囲に位置し,互いにコンパクトな位置関係にあり利便性の高さが特徴の一つです。 基本的には口腔領域を含む全臓器の疾患と移植医療に関する検体を日常的に扱い,general pathologyを十分習得してどの分野でもレベルの高い能力を身につけた病理専門医を養成し,subspecialtyとしての細胞診専門医と研究対象あるいはライフワークとしての専門性を目指します。殊に広島県では大学病院は本学のみであり難病,稀少疾患が集まることが特徴の一つです。多彩な疾患を経験し,適切な症例数を偏りのない内容で担当することが可能です。一人の専攻医は複数の指導医により指導・評価を受けて,技能習得状況を正確に把握され,有能でバランスの取れた病理専門医に確実に育てることを目指しています。

病理診断科 教授 有廣 光司

 

連携施設

【連携施設1群】

広島市民病院  (広島市中区)
広島赤十字・原爆病院  (広島市中区)
県立広島病院  (広島市南区)
呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
神戸大学医学部附属病院  (兵庫県)

【連携施設2群】

JR広島病院  (広島市東区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
広島西医療センター  (大竹市)
JA広島総合病院  (廿日市市)
中国労災病院  (呉市)
呉共済病院  (呉市)
東広島医療センター  (東広島市)
JA尾道総合病院  (尾道市)

【連携施設3群】

中電病院  (広島市中区)
広島記念病院  (広島市中区)
吉島病院  (広島市中区)
土谷総合病院  (広島市中区)
福島生協病院  (広島市西区)
広島共立病院  (広島市安佐南区)
JA吉田総合病院  (安芸高田市)
マツダ病院  (府中町)
済生会広島病院  (坂町)
呉市医師会病院  (呉市)
市立三次中央病院  (三次市)
庄原赤十字病院  (庄原市)
柳井医療センター  (山口県)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る