トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 麻酔科 広島大学病院

麻酔科 広島大学病院

基幹施設

広島大学病院

担当: 麻酔科 准教授 濱田 宏

TEL: 082-257-5267

mail: 

URL: https://www.hiroshima-u.ac.jp/iryo/kensyu/ika01/ika15

 

プログラム

広島大学麻酔科専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

広島県内の主要な病院を連携施設に加え,心臓血管麻酔,小児・産科麻酔,救急・集中治療,ペインクリニック・緩和医療など,各サブスペシャルティを網羅したバランスの取れた病院群で構成したプログラムとなっています。広島市中心部から県内各地区までバラエティに富んだ連携施設で幅広い経験を積むことができます。専門医取得後の進路についても柔軟に対応します。専攻医全員とても仲良く楽しい雰囲気の中で研修を進めています。

 

指導医から麻酔科専攻医希望者へのメッセージ

高齢化社会の中でリスクの高い手術患者が増えており,さらに医療技術の進歩により以前にも増して困難な周術期管理が要求されるようになってきています。従って現在の手術医療は麻酔専門医なくして成り立たない時代と言えます。チーム医療で行われる手術の中で麻酔科医はその中心に位置する司令塔の役割を担っています。どのような人でも手術の中で自身の存在感を早い段階から実感できるはずです。個々の力がとても重要な診療科ですから,早くひとり立ちしてもらえるようしっかり指導しています。また,麻酔科の活動範囲は手術室だけにとどまらず,救急・集中治療,ペインクリニック,緩和医療など多岐にわたっており,将来に向けてキャリアパスの選択肢が多いのも特徴です。これからの手術医療を担う仲間になってください!心からお待ちしております。

麻酔科准教授 濱田 宏

 

当該プログラム専攻医から麻酔科専攻医希望者へのメッセージ

私は広島の市中病院で初期研修をした後,4月から広島大学病院で専門研修を開始しました。広島大学麻酔科のプログラムでは1年目は基本的に大学病院で研修します。大学病院では,一般的な症例から珍しい症例やハイリスクな症例まで様々な症例があります。そんな中でもたくさんの指導医がいる大学病院だからこそ,手厚い指導の下,日々新しい手技や難しい麻酔症例を経験させてもらっています。また指導医の先生方は優しくて気さくな先生ばかりで,なんでも相談しやすい環境です。専門研修を始めて半年ほど経ち,もちろんまだまだできないことや失敗することも多いですが,日々自分たちの成長を感じながら楽しく充実した研修を送っています。
麻酔に興味を持ってくれたみなさんが,一人でも多く仲間になってくれることを楽しみにしています。

卒後3年専攻医 吉村 晴香

 

連携施設

【連携施設A】

広島赤十字・原爆病院  (広島市中区)
土谷総合病院  (広島市中区)
県立広島病院  (広島市南区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
中国労災病院  (呉市)
呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
東広島医療センター  (東広島市)
市立三次中央病院  (三次市)

【連携施設B】

JA広島総合病院  (廿日市市)
JA尾道総合病院  (尾道市)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る