トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 脳神経外科 広島大学病院

脳神経外科 広島大学病院

基幹施設

広島大学病院

担当: 脳神経外科 教授 栗栖 薫

TEL: 082-257-5225

mail: 

URL: https://www.hiroshima-u.ac.jp/iryo/kensyu/ika01/ika15

 

プログラム

脳神経外科専門研修 広島大学大学院医歯薬保健学研究院プログラム

 

プログラムの特徴

広島大学脳神経外科では,疾患単位の診療グループと技術や手技単位のグループを構成して,専攻医は専門研修の最初の1年を基幹施設で研修します。悪性・良性脳腫瘍,脳血管障害(血管内治療を含む),てんかん外科,脊椎外科・頭蓋底外科と大きく4グループにわけられ,まんべんなく研修できます。また,小児神経外科に関しては,それぞれの領域中に経験できます。この様にして,あらゆる領域を基幹施設,関連施設を中心に経験できます。

 

指導医から脳神経外科専攻医希望者へのメッセージ

脳神経外科専門医の使命は,予防や診断,救急治療,手術手技として顕微鏡下手術のみならず,神経内視鏡,脳神経血管内治療など幅広い対応を含めた手術および非手術的治療,あるいはリハビリテーションにおいて,総合的かつ専門的知識と診療技術を持ち,必要に応じて他の専門医への転送判断も的確に行うことで,国民の健康・福祉の増進に貢献することです。日本における脳神経外科は上記のように,立派な基本診療科です。外科の2階建ての一部ではありません。高齢化社会が当たり前になって益々脳疾患が増えてきます。脳神経外科医のニーズは下がることなくむしろ上がっています。「外科医の手と目を合わせ持つ神経系総合医」として具体的な治療が実践出来る脳神経外科への専攻を大いに歓迎します。

教授 栗栖 薫

 

当該プログラム専攻医から脳神経外科専攻医希望者へのメッセージ

脳外科は興味があるけど,手術時間は長い,忙しい上にさらに緊急もとても多い。きっと多くの方々は少なからずこういったイメージを抱かれていると思います。確かにこういったイメージは間違っていないどころか大体当たっています。
これから専攻科を選ぼうとするみなさん方に対しこんな事を言うのは場違いのようでありますが,こういった多くのハードルはどの科に進んでも頑張られている先生方はみなさん抱えているものだと思います。特別脳外科だけが大変な訳では無いと思います。困難な事やプレッシャーも多いですが,それを乗り越える努力をしてそれが実力になりさらには楽しみになって来ると思います。早い内に精一杯努力しておいた方が良いと言われますが,それは本当だと思います。脳外科はそういった障害を乗り越える充実感があり誇りを持てる科であると思います。

卒後3年専攻医 竹石 雄介

 

連携施設

【連携施設】

広島赤十字・原爆病院  (広島市中区)
県立広島病院  (広島市南区)
マツダ病院  (府中町)
JA広島総合病院  (廿日市市)
中国労災病院  (呉市)
呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
東広島医療センター  (東広島市)
山田記念病院  (三原市)
市立三次中央病院  (三次市)
島根県立中央病院  (島根県)
松江赤十字病院  (島根県)
松山赤十字病院  (愛媛県)

【関連施設】

たかの橋中央病院  (広島市中区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
JA尾道総合病院  (尾道市)
国立循環器病研究センター  (大阪府)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る