トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 産婦人科 広島大学病院

産婦人科 広島大学病院  

基幹施設(総合型指導施設)

広島大学病院

担当: 産婦人科 教授 工藤 美樹

TEL: 082-257-5262

mail: 

URL: https://www.hiroshima-u.ac.jp/iryo/kensyu/ika01/ika15

 

プログラム

広島大学病院産婦人科専攻医研修プログラム

 

プログラムの特徴

専攻医に必要な基礎知識や診療技術,地域医療をはじめ,サブスペシャリティ専門領域4分野(腫瘍,周産期,生殖内分泌,女性ヘルスケア)を基幹施設である広島大学病院および連携11施設で幅広い研修が行えます。婦人科腫瘍は広島大学病院,呉医療・中国がんセンター,他3つの修練施設,周産期は大学,県立広島病院,他6つの指定施設,生殖内分泌は県立広島病院など基礎から先進的医療まで目標に沿った研修が可能です。

 

指導医から産婦人科専攻医希望者へのメッセージ

現代では産科・婦人科ともに,女性のライフステージを考慮した診療が求められています。個々の患者のQOLを重視した検査や治療のため,腹腔鏡手術やロボット手術,出生前診断や胎児治療,悪性腫瘍の遺伝子診断や分子標的薬治療,若年悪性腫瘍患者の卵子・卵巣凍結や長期QOL改善の治療など,先進的な医療も積極的に取り組んでいます。産科領域では広島県の周産期死亡率は平成9年,全国で最も低く,その後も全国トップレベルを維持しています。今後も益々,県内の産婦人科医療を盛り上げられるよう,皆さんのパワーを一緒にそそいでみませんか。広島大学病院産婦人科研修プログラムの熱意ある指導医群が,意欲にみちた皆さんの研修とキャリア形成をサポートします。

助教 占部 智

 

当該プログラム専攻医から産婦人科専攻医希望者へのメッセージ

卒後4年専攻医の三浦聡美です。私は愛媛大学を卒業後,地元である広島の呉医療センター中国がんセンターで初期研修を過ごしました。広島大学病院産婦人科研修プログラムに魅力を感じ,広島大学産婦人科に入局を決め,現在は広島大学病院で研修を行っています。熱意のある指導医や楽しい同僚に恵まれ,徐々に責任のある仕事も任されるようになり日々命の重みを感じながら充実した毎日を送っています。広島大学病院産婦人科研修プログラムには周産期母子医療センターやがんセンターなど様々な特徴を持った連携施設があり,研修中に多くの指導医から産婦人科医に必要とされる様々な知識や診療手技,患者さんへの対応を修練できます。これからも多くの仲間と広島県の産婦人科を盛り上げていきたいので,是非私たちと一緒に働きませんか。

卒後4年専攻医 三浦 聡美

 

連携施設

【連携施設(連携型)】

広島赤十字・原爆病院  (広島市中区)
土谷総合病院  (広島市中区)
県立広島病院  (広島市南区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
JA広島総合病院  (廿日市市)
中国労災病院  (呉市)
呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
東広島医療センター  (東広島市)
JA尾道総合病院  (尾道市)
市立三次中央病院  (三次市)
四国がんセンター  (愛媛県)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る