トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 皮膚科 広島大学病院

皮膚科 広島大学病院  

基幹施設

広島大学病院

住所: 広島市南区霞1-2-3

担当: 皮膚科 助教 森桶 聡

TEL: 082-257-5237

mail: 

URL: https://mkensyu.hiroshima-u.ac.jp/

 

プログラム

広島大学病院皮膚科研修プログラム

 

プログラムの特徴

本プログラムは,効果的で安全な標準的医療を皮膚疾患に悩む方々に提供できる皮膚科専門医を育成することを目標としています。
初期研修で身につけた総合的診療能力と医療人としての基本的態度を背景に,皮膚疾患とその関連領域に関する高度な専門知識・診療技能を習得することができます。特に,アレルギー疾患,皮膚腫瘍,皮膚感染症,熱傷については多くの経験を積むことができます。

 

指導医から皮膚科専攻医希望者へのメッセージ

皮膚科学は,皮膚をキーワードに一般内科,外科的アプローチはもちろん,病理組織学,免疫学を始めとする幅広い学問分野の進展を受け,近年,論理的でダイナミックな診療科へと成長しています。
一方,臨床医学における分業・細分化と医療機器への依存性の進む中,視診,問診,触診という,直接人と関わる診察様式を守り,最も医の原点に立脚した学問領域としての役割を担います。
当科では,専攻期間中弛むことなく質の高い研鑽を積むことができるよう,専攻医を主たる対象とした検討会やセミナーを充実させています。皮膚アレルギー,病理,膠原病,皮膚外科等の領域での世界トップクラスの研究者,あるいは優れた臨床力で人々を引きつけるリーダーから,自分の力に合ったささやかな職場を求める人まで,誠実で意欲に溢れる人材を求めています。

教授 秀 道広

 

当該プログラム専攻医から皮膚科専攻医希望者へのメッセージ

皮膚科は皮膚の変化を通して,局所に限らず全身の病態を解き明かしていく診療科です。問診と皮疹の診察を行い,ダーモスコピーや生検による組織像などを参考にしながら診断へと近づいていきます。その過程で皮膚疾患の病態の奥深さを感じることがしばしばあります。皮膚疾患はアレルギー疾患や炎症性疾患,感染症,皮膚腫瘍など多様であり,治療も外用や内服,外科処置,光線療法など多岐にわたります。
当プログラムでは1年目に大学病院で研修を行い,重症例や希少疾患を含む様々な疾患,検査,治療について学びます。2年目以降は主に市中病院で勤務しながら研鑽を積み,皮膚科医としてキャリアアップしていきます。複数の指導医の下で診療に励み,安心して研修できる環境が整っています。興味がある方は,ぜひ一度見学にいらしてください。

卒後3年専攻医 廣瀬 佳和

 

連携施設

【連携施設】

土谷総合病院  (広島市中区)
JR広島病院  (広島市東区)
県立広島病院  (広島市南区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
マツダ病院  (府中町)
広島西医療センター  (大竹市)
JA広島総合病院  (廿日市市)
呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
公立みつぎ総合病院  (尾道市)
JA尾道総合病院  (尾道市)

【準連携施設】

中電病院  (広島市中区)
中国労災病院  (呉市)
東広島医療センター  (東広島市)
市立三次中央病院  (三次市)
庄原赤十字病院  (庄原市)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る