トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 小児科 広島大学病院

小児科 広島大学病院  

基幹施設

広島大学病院

担当: 小児科 診療教授 川口 浩史

TEL: 082-257-5212

mail: 

URL: https://www.hiroshima-u.ac.jp/iryo/kensyu/ika01/ika15

 

プログラム

広島大学病院小児科専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

本プログラムは広島大学を基幹病院とし,広島県内の病院で一般小児科診療・新生児診療・地域医療の専門研修を行います。3年間の広島県全域にわたる専門研修の中で,小児の1次から3次医療までを経験し,小児科医として欠くことのできない救急疾患の対応,急性疾患の管理を研修し,同時に専門分野での先進・高度医療も経験できる研修プログラムとなっています。

 

指導医から小児科専攻医希望者へのメッセージ

本プログラムでは「小児医療の水準向上・進歩発展を図り,小児の健康増進および福祉の充実に寄与する優れた小児科専門医を育成する」ことを目的とし,一定の専門領域に偏ることなく,幅広い研修が可能です。専攻医は「小児科医は子どもの総合医である」という基本的姿勢に基づいて3年間の研修を行い,「子どもの総合診療医」「育児・健康支援者」「子どもの代弁者」「学識・研究者」「医療のプロフェッショナル」の5つの資質を備えた小児科専門医となることを目指して下さい。広島大学病院および広島県内の専門研修連携病院では160名の小児科医が診療しています。小児科専門医取得のためには,各領域の経験を積むことが必要となりますが,本プログラムでは経験豊富な指導医の下で十分な臨床経験を積むことが可能です。広島の子どものために一緒に頑張りましょう。

診療教授 川口 浩史

 

当該プログラム専攻医から小児科専攻医希望者へのメッセージ

小児科は子どもであれば分野限らず診る科です。新生児から思春期まで,また循環器や呼吸器,消化器など年齢も分野も多岐にわたります。当プログラムでは必ずどの人も一般小児科の学べる病院,大学病院,NICUなど最低限小児科医として必要なスキルを学べるようなプログラムとなっています。私はまだ小児科医として働き始めて半年ほどですが,日々たくさんの知識,技術を学ぶ機会をいただいています。悩ましい症例や難しい症例なども上級医の先生方の手厚い指導の下,たくさん経験させていただくことが出来ました。日々の診療の中でみられる子どもたちの笑顔には多くの元気を貰えます。未来ある子ども達の笑顔を守る為,ぜひ一緒に小児科医として働きませんか?

卒後3年専攻医 佐々木 夏澄

 

連携施設

【連携施設】

広島市民病院 (新生児)  (広島市中区)
広島赤十字・原爆病院  (広島市中区)
広島市立舟入市民病院  (広島市中区)
土谷総合病院 (新生児)  (広島市中区)
県立広島病院 (一般・新生児)  (広島市南区)
広島市立安佐市民病院  (広島市安佐北区)
JA広島総合病院  (廿日市市)
中国労災病院  (呉市)
呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
東広島医療センター  (東広島市)
JA尾道総合病院  (尾道市)
市立三次中央病院  (三次市)
庄原赤十字病院  (庄原市)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る