トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 内科 広島赤十字・原爆病院

内科 広島赤十字・原爆病院  

基幹施設

広島赤十字・原爆病院

住所: 広島市中区千田町一丁目9-6

担当: 教育研修推進室 原野 彩夏

TEL: 082-241-3111(内線3110)

mail: 

URL: http://www.hiroshima-med.jrc.or.jp/

 

プログラム

広島赤十字・原爆病院内科専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

内科専門研修で一般的に不足しがちとされる血液,リウマチ・膠原病,神経の症例も豊富にあり,幅広い疾患を診療することができます。連携施設は広島市内や中山間地等の5施設,大学病院であり,これらの施設での研修を組み合わせることにより,地域的・社会的背景の異なる多彩な症例や,先進医療を経験することが可能です。また必要な条件を満たした場合には,3年目に当院でサブスペシャリティ研修に進むこともできます。

 

指導医から内科専攻医希望者へのメッセージ

新しい内科専門医制度は3年間のプログラム制であり,内科系の70疾患群のうち少なくとも56疾患群を経験し,合計で160症例以上を経験することが必要とされています。内科系専門医を志す場合には,自身が目指すサブスペシャリティ分野以外の症例も必要とされるため負担が大きいのが実情です。しかし,多岐にわたる症例を経験し,診療できるのが内科の魅力であるのもまた確かです。
当院では内科の全ての分野で豊富な症例と優れた指導医を有しており,内科医としての見識を深める充実した研修を受けることができます。また最速でのサブスペシャリティ専門医資格の取得にも対応した研修制度を取っています。負担の多い研修制度であるからこそ,内科を志す若い先生の研修を,ニーズに応じて全面的にサポートしていきたいと考えています。

リウマチ科部長 澤部 琢哉

 

連携施設

【連携施設】

中電病院  (広島市中区)
県立広島病院  (広島市南区)
呉医療センター・中国がんセンター  (呉市)
県立安芸津病院  (東広島市)
庄原赤十字病院  (庄原市)
九州大学病院  (福岡県)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る