トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 >  専門研修プログラム > 総合診療 庄原赤十字病院

総合診療 庄原赤十字病院  

基幹施設

庄原赤十字病院

担当: 総務課 主任 足羽 晶子

TEL: 0824-72-3111

mail: 

URL: http://www.shobara.jrc.or.jp/

 

プログラム

庄原赤十字病院総合診療専門研修プログラム

 

プログラムの特徴

このプログラムは,病院,診療所などで活躍する高い診断・治療能力を持つ総合診療専門医を養成するために,ER型救急や急性期専門各科を有する地域拠点病院の中で,専門各科と協働し全人的医療を展開しつつ,自らのキャリアパスの形成や地域医療に携わる実力を身に着けていくことを目的としています。庄原市,そこに居住する地域住民,各種団体,ボランティアや当院の全職員等の理解と協力もとで研修できる環境を整えています。

 

指導医から総合診療専攻医希望者へのメッセージ

当院は広島県北部の中国山地の山あいに位置する地域中核病院です。近隣には他に急性期医療を担う病院は少なく,また近隣の医院・診療所の数も多くありません。そのため,当院は急性期医療の提供と同時に,地域の『かかりつけ医』としての役割を果たしながらこれまでの診療を行ってきております。このような環境にある当院での研修の特徴を挙げるとすれば,外来初診・入院治療・リハビリ/退院調整,退院後の定期フォローまで,1人の『主治医』として責任を持って1人の患者さんに関わり続けることができることです。このような経験は,総合診療医としての土台を作っていく上で大変有意義なものになると思います。日々『地域のための医療』をみんなでがんばっている病院です。地域医療の現場も感じられます。ぜひ県北で一緒にがんばりましょう。

総合診療科部長 舛田 裕道

 

当該プログラム専攻医から総合診療専攻医希望者へのメッセージ

皆さん,こんにちは。庄原赤十字病院 総合診療 専攻医1年目の橋本直樹と申します。私は,2年間を庄原赤十字病院,1年間を庄原市の北部にある西城市民病院で研修する予定です。本プログラムの特徴として,研修3年間を庄原市という1つのコミュニティーで勤務することが出来る事です。総合診療専門医を取得するためには,対象となる集団の健康問題に対して健康増進の活動を行い,その活動内容をポートフォリオとして作成しなければなりません。庄原赤十字病院では,庄原よいとこ祭り,庄原市スター式駅伝など庄原市のイベントに参加しています。地域の行事も,地域の健康増進を考える上でヒントになるのではと考えており,庄原市での生活を楽しみながら地域の健康増進に少しでも貢献できればと考えています。

卒後3年目専攻医 橋本 直樹

 

連携施設

【連携施設】

広島赤十字・原爆病院  (広島市中区)
広島大学病院  (広島市南区)
西城市民病院  (庄原市)


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る