トップページ >  新着情報一覧 > 「第43回なんでも症例検討会」が開催されました!
トップページ >  多彩な医師ネットワーク >  医療関係ネットワーク >  医療関係ネットワークの関連情報 > 「第43回なんでも症例検討会」が開催されました!

「第43回なんでも症例検討会」が開催されました!

第43回なんでも症例検討会

開催日時

平成29(2017)年7月15日(土) 15:30~18:30

 

開催場所

福山医療センター

 

主催

なんでも症例検討会

代表: 吉田 雄介 先生(広島大学病院 リウマチ・膠原病科)

 

参加者

合計:約37名(初期研修医:17名,後期研修医:1名,その他医師:12名,医学生:7名) 

 

  

実施内容

ケースカンファレンスは,福山市民病院太田茂先生より,圧迫骨折によって引き起こされたplatypnea-orthodeoxia syndromeの症例,広島大学病院宮森大輔先生より重症DIHSの症例でした。

講演は津山中央病院藤田浩二先生より入院中の下痢の話を,CDI中心に講義していただきました。

 

主催者からの声

症例検討では活発な議論で大いに盛り上がりました。どちらも日常診療で出会う可能性がある,忘れてはならない疾患で,大変勉強になる症例検討でした。
講演では,明日から入院患者の下痢診療に役立つ知識を,学生や研修医にもわかりやすい内容で講義していただきました。
 

 

参加者の声

参加者へのメッセージ

遠方からもたくさんの方に参加していただき,大変盛り上がりました。ありがとうございました。若手から指導医の先生方まで,皆が勉強になって楽しかったと思える勉強会になるよう,今後も工夫していこうと思います。
 

 

次回開催に向けて

次回は9月9日(土)15:30から広島大学病院で開催予定です。ご都合つく方はぜひお越しください。


関連情報

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る