トップページ >  新着情報一覧 > 第4回広島がん薬物療法研究会が開催されました!
トップページ >  多彩な医師ネットワーク >  医療関係ネットワーク >  医療関係ネットワークの関連情報 > 第4回広島がん薬物療法研究会が開催されました!

第4回広島がん薬物療法研究会が開催されました!

開催日時

平成28(2016)年2月27日(土) 15時~17時45分

 

開催場所

広島グランドインテリジェントホテル3F「光琳の間」

 

主催

広島がん薬物療法研究会

代表: 篠崎 勝則先生(県立広島病院 臨床腫瘍科)

 

共催

協和発酵キリン(株)

 

参加者

57名 (医師8名(うち若手医師3名),看護師29名,薬剤師20名)

 

 

実施内容

「外来化学療法における副作用症状への看護ケアの実際」

演者: 長﨑 礼子 先生(がん研究会有明病院 看護部師長

 

「がん薬物療法と有害事象マネジメント ~薬剤師の立場から~」

演者: 濱 敏弘 先生(がん研究会有明病院 院長補佐 薬剤部長) 

 

到達目標は、分子標的薬を含む数多くの新規抗がん剤ならびに今までには経験したことのない有害事象の管理について、院内でどう取り組んでいくかであった。
今回は、薬剤師、看護師のお二人に、癌研有明病院での取り組みをご紹介いただき、最後に参加者と一緒にディスカッションを行った。各施設で適正使用マニュアルの整備が必要であるとの見解となった。しかし、現在の勤務状況を考えると、人員的また時間的な余裕がないため、実施困難である現状が判明した。

 

主催者からの声

本会は,がん薬物療法の質の向上とがん薬物療法専門医の育成を目的としています。臓器横断的に化学療法を考えることは,臓器別化学療法の知識の整理やその実践にも役立ちます。化学療法に携わる医療者として,臓器,診療科といった垣根を越えた交流も必要です。化学療法に興味のある多くの学生,研修医,中堅医師など,多くの方々の参加をお待ちしております。

 

参加者の声

◎ がん薬物療法と有害事象マネジメントにおいて,各職種の立場から、どう協働するのが良いと思いますか?

 

◎今回の研修会についてご感想やご意見を御記入ください。(良かった点、学んだこと等)

 

次回開催に向けて

4病院(県立広島病院・臨床腫瘍科,広島大学病院・がん化学療法科,広島市立広島市民病院・腫瘍内科,広島市立安佐市民病院・腫瘍内科)での研修を充実させるとともに,学内・院内での連絡・周知の徹底ならびにふるさとドクターネット広島のホームページ上での広報などを実施する。今後も本活動を継続し,腫瘍内科医(がん薬物療法専門医)の育成に尽力していきたい。

 


関連情報

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る