トップページ >  新着情報一覧 > 感染症セミナー広島「第1回広島白熱教室」が開催されました!
トップページ >  多彩な医師ネットワーク >  医療関係ネットワーク >  医療関係ネットワークの関連情報 > 感染症セミナー広島「第1回広島白熱教室」が開催されました!

感染症セミナー広島「第1回広島白熱教室」が開催されました!

開催日時

平成27年3月21日(土)10:00~15:00

 

開催場所

広仁会館1階中会議室

 

主催

溝岡雅文 感染症セミナー広島 代表(所属:広島大学病院 総合内科・総合診療科)

 

参加者

41名(医学生:14名/初期研修医:10名/その他若手医師等:17名)
※学生14人(医学生13,薬学1::広大7,県外6),初期研修医10人(広島県内7 県外3),医師17(広島県内15 県外2)

 

実施内容の詳細

参加者を9グループに分けてのワークショップ形式で行った。
プログラムは以下の通りである。

 

10:00~12:00

感染症ワークショップ

(怱那賢志先生 国際医療センター)

 

12:30~12:30

ランチョン 急性腹症のみかた

(溝岡雅文)

 

2:30~13:50

ポリファーマシーWS

(北和也先生 市立奈良病院) 

 

14:00~15:00

神経所見の使い方・考え方

(土肥栄祐先生,広島大学病院)

 

主催者からの声

3月の祝日という設定であったが,県外からの参加者も11人ほどおり,タイトル通りの白熱した内容であった。
講師陣が関西地方で切磋琢磨した仲間であり,漫談のようなノリで話が進み,あっというまの5時間であった。
感染症ワークショップでは,性感染症と輸入感染症というトピックスについてグループ内で模擬患者さんから病歴を聴取しながら,学ぶという参加型の講義であった。

 

ポリファーマシーは,3つの診療科から多剤を処方されている高齢者が薬剤性パーキソニズムとなっている症例供覧からはじまり,多剤処方の問題点などについての講義がなされた。
最後の神経所見の使い方は,症例に基づきながらどのような所見をとればよいか,上手に所見をとることなどのレクチャーが行われた。

 

学生,研修医の参加者数も多く,広島では体験できないようなセミナーを開催でき,参加者アンケートでもほぼ全員が非常に有用であったと回答であり,好評であった

 

参加者の声

 

次回開催に向けて

参加者からも多数の意見を頂いたが,タイムスケジュールがタイトであり,わずかな休憩時間しか設けることができなかった。
実際に参加者が病歴聴取をしたり,診察したりということが,非常に良い経験となったようなので,次回開催ができれば余裕をもったスケジュールとしたい。


関連情報

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る