トップページ >  新着情報一覧 > 「第26回なんでも症例検討会」が開催されました!
トップページ >  多彩な医師ネットワーク >  医療関係ネットワーク >  医療関係ネットワークの関連情報 > 「第26回なんでも症例検討会」が開催されました!

「第26回なんでも症例検討会」が開催されました!

開催日時

平成26年9月20日(土)

 

開催場所

広島市立広島市民病院

 

主催

なんでも症例検討会

代表: 遠藤 功二先生(県立広島病院 総合診療科)

 

参加者

45名

 

実施内容の詳細

平成26年9月20日に広島市立広島市民病院で,初期研修医・後期研修医・指導医・開業医など合計45人を集め,講師として神戸大学感染症内科の山本舜吾先生を招聘して開催した。
午後3時30分から症例検討を2例(1例は山本先生,1例は尾道市民病院内科の桶作先生)を行い,午後5時30分から「風邪のみかた」と題して山本先生に講演をいただいた。

 

主催者からの声

山本先生からは,不明熱の症例の検討と,「風邪のみかた」と題して講演をいただいた。
我々がよく遭遇する「発熱」「風邪」のようなテーマで知識を整理することができた。
参加者は初期研修から開業医まで多岐に渡ったが,いずれにとっても毎日の診療において欠く事のできない内容であり,非常に有意義な内容になったと考えている。

 

参加者の声
 

 

参加者へのメッセージ

なんでも症例検討会は,学生から研修医・指導医・開業医まで様々な立場の人間が集まり,それぞれの知識のステップアップを図るため開催しています。明日からの診療に役立つ内容になるよう努力していますので,気軽に参加してみてください。

 

次回開催に向けて

著名な講師を招聘して講演をいただいたが,広報がうまくいかなかった面もあり,学生・初期
研修医の参加者が少なかった。今後は各病院への直接の連絡や,各種メーリングリストなどを
用いて積極的な広報を行って行きたい。 


関連情報

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る