トップページ >  地域と暮らしのお役立ち情報 >  子育て支援 >  子育て応援コラム > 子ども・子育て支援新制度がスタート   島津 礼子

子ども・子育て支援新制度がスタート   島津礼子

 子どもを安心して預けられる施設を充実させるために、この4月から、子ども・子育て支援新制度がスタートしました。
 大きく変わるのは、3点です。
 
 
 まず、子どもを預けるときに、保護者は市町村からの認定を受けることになりました。
 子どもを幼稚園に入園させたい場合は、幼稚園に直接利用を申し込み、入園が決まった場合、保護者は幼稚園を通じて認定の申請をして「1号認定」をもらいます。
 保育所、認定こども園などの施設を利用したい時は、保護者が直接市町村の窓口に申請し、「2号認定」または「3号認定」をもらいます。「2号認定」は、満3歳以上のお子さん、「3号認定」は、満3歳未満のお子さんで、いずれも保育が必要なお子さんが対象です。
 
 2つ目に、認定こども園、家庭的保育、小規模保育、事業所内保育、居宅訪問型保育などの増加が見込まれる点です。
 認定こども園は、すでにあるように、幼稚園と保育所の機能を併せ持つ施設で、保護者の就労状況が変わっても、変わらず同じ施設を利用できることが特徴です。
 そのほかの施設は、主に0歳から2歳までのお子さんを預かる施設で、市町村により設置状況が異なると思われます。
 
 3つ目は、これまで小学3年生以下の児童を対象としていた放課後児童クラブの枠が広がり、小学校6年生までが対象となりました。
 これにより、小学生のうちは何年生でも、放課後児童クラブが利用できるようになりました(定員はありますが)。
 これまで、特別な資格を必要とされていなかった指導員も、1施設につき保育士や社会福祉士などの資格を持つ指導員を2人以上配置されることになりました。
 
 これらの新しい制度は、待機児童の解消のための施設の拡充はもとより、子どもたちが受ける保育や教育の質の向上も目指されています。
 すぐに待機児童が解消されるわけではありませんし、謳われているような保育、教育の質の向上に果たして繋がるのか、といった指摘もあります。
 新しい施設や利用方法などの、保護者の選択肢が増えました。どのような施設、利用形態、園の雰囲気がわが子や家族に心地よいか、家族で話し合ったり、利用したい施設を見たり、保育士さんと話したりして選択してください。
 
 「子どもを安心して預けられる」・・・仕事を持つ保護者にとって、これを実感できるのは、何より大切なことですが、難しいことでもありますね。
 
 
コラムに対するご意見,ご感想をお寄せください。
 


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る