トップページ >  相談コーナー >  その他なんでも > [055]4月から始まった研修ですが,やっぱり辞めた方がいいのでは…悩んでいます。(回答:13件)
トップページ >  相談コーナー > [055]4月から始まった研修ですが,やっぱり辞めた方がいいのでは…悩んでいます。(回答:13件)

相談コーナー

[055] 4月から始まった研修ですが,やっぱり辞めた方がいいのでは…悩んでいます。(回答:13件)

相談(2014年4月30日) 

研修医1年目の女医です。10ヶ月の赤ちゃんがいます。国家試験前に妊娠し,2013年6月に出産。病院には既に就職してしまっていたため,今年の4月から研修が始まってしまいました。しかし,赤ちゃんはまだ夜泣きをしますし,母乳も飲み,母親を必要としているのがわかります。私の気持ちも「仕事は何歳になってもできるので,今は赤ちゃんといたい。貴重な時間を逃しているのではないか。寂しい思いをさせているのでは。」という気持ちと,「でも,もう就職し研修も始まってしまったし,今からやっぱり辞めたいですなんて言ったら今後の関係性が悪くなるのでは…国家試験の知識が残っているうちに,初期研修は終わらせた方がいいのでは…」と,毎朝悩みながら仕事に行っています。
先週までは,「とりあえず2年間終えて,その後,後期研修の前に,二人目を産んだりしながら3年くらい休もう」と思っていたのですが,友人の研修医に「そんなことしたら,どこの医局にも入れなくなる」と言われ,再び「やっぱり長期で休むなら今なのでは」と悩んでいます。
経験豊富な先輩方,助言を頂けたら幸いです。

1年目研修医
 

回答13(2014年5月22日)

大変ご苦労されていることと思います。
現在、私も2歳と7か月の子を持つものとして、心中お察しいたします。私としては、初期研修をいまのうちにがんばって終了されるのがいいのかな、と思います。それぞれの家庭事情、経済状況、教育方針、キャリアゴールの置き方、職場の雰囲気などなどもあり、簡単には結論がでないとは思いますが。理由としては、子どもに手がかかるのって極端な話、大学入学頃まで続くのではないかと考えるからです。初期研修についても、いつ研修してもそれなりに大変です。二人目以降のお子さんの予定があるのであれば、お子さんが小さいうちに初期研修を終えられた方が今後のご家族の計画も立てやすいのではないかと思います。お子さんが小さいうちの方が、保育園やシッターさんのいる環境に慣れやすいかもしれません。入局については、もちろん科によって差はあると思いますが、周りの様子からは特に問題ないように思います。
ご主人は夜間、休日などどれくらいサポートしてもらえそうですか?ご主人のほかに、サポートや相談できる方はいらっしゃいますか。お子さんの急な発熱などに対応できる方はいますか?
お子さんの精神的・身体的健康を優先して、現実問題としてどこまでできるかできないかを研修指導医の先生と具体的に相談されてみてはいかがでしょうか。
お母さんのがんばる姿をみてもらうのも、子供のためになるかなぁ・・・などと思いながら私も頑張って みようと思っています。指導医の先生方や、周りの方々がご理解あるといいですね。
30代女性医師
 

回答12(2014年5月22日)

子育てがほぼ終わった勤務医です。
どんな働き方でもいいから仕事を続けて、なるべく空白期間を作らないことをおすすめします。短時間勤務など働き方については、研修先の病院と相談されてはいかがでしょうか?

臨床研修、専門医試験、研究・・男性医師と比べれば時間がかかるかもしれないけど、頑張ってください。そして、こんな時こそ、(入りたいと思っている)医局に相談することをおすすめします。女性医師が増えたので、医局も女性医師がキャリア継続できるよう助けてくださると思います。一人で思い悩むのではなく、仲間や先輩に相談してください。

私は、子育ての他、夫の転勤など、いろいろありましたが、医局に相談して何とか途切れなく仕事することができました。子供さんが寂しい思いをしているのでは・・との御心配ですが、成長したらお母さんの人生を理解して、頑張ってきたお母さんを誇りに思うと思いますよ!

 勤務医おばさん

 

回答11(2014年5月22日)

初めての育児に初めての職場、しかも初期研修では短い期間で診療科がかわるので今は本当に大変で精神的にもしんどい時だろうと思います。
私は7年目に第1子を出産し、医局や勤務先の病院の先生方のご理解・ご協力のもと、生後半年から時短勤務で復帰し、9か月からフルタイム勤務をしております。私も復帰前は、こんなに小さな子を保育園に預けるなんて・・・、私は親として最低なんじゃないかと考えていました。
しかし、いざ子供を保育園に預けてみると、子供というのはたくましいもので、すぐに保育園に慣れて楽しく通っています。家で二人っきりで過ごしている時にはなかなか離乳食を食べてくれなくて心配しましたが、保育園に行き始めてなんでも良く食べてくれるようになりました。人それぞれ色々な考え方がありますが、育児についていえば、ずっと一緒にいてあげられないからかわいそうというわけではないと思います。もちろん赤ちゃんのお母さんはあなただけですから、責任をもって愛情を注いであげなければいけないと思いますが、子育てに関しては、可能なら、保育園やご主人、ご両親などなるべくたくさんの人に協力してもらいながらでも良いのではないでしょうか。あなた一人で頑張らなくても良いと思います。
もしかしたら、質問された先生の悩みの原因は、今現在慣れない新しい環境がつらいことからさらに大きくなっているのではないかとも思います。
幸い私は慣れた職場に復帰することができました。育児面でも仕事面でも中途半端な自分に自己嫌悪になることもありますが、最終的には、夫よりもたくさん子供と関わる時間もあって、仕事もフルタイムでさせてもらって、私はなんて贅沢な生活を送らせてもらっているんだろうと前向きに考えています。正直、初期研修は様々な診療科を経験するわけで、新しいことや勉強しないといけないことばかりで、育児との両立は精神的にもしんどいだろうと思います。
でも、もし質問された先生が今後もずっと医師という仕事を続けていきたい、成長していきたいと思われるのであれば、私はぜひ今頑張って頂きたいと思います。私もまだまだ勉強中で偉そうなことを言える立場ではありませんが、最初の10年間はとっても大事だと思いますよ。
それに、子育てに終わりはなく、「保育園の間が一番楽だった。小学校に入ったらもっと大変」と言われる先輩方の話をたくさん聞きます。今長期で休んだり、医局に入らない状態で3年間お休みすると、それこそもう復帰しないでもいいかな・・・という気持ちになってしまうかもしれませんよ。きっと3年休んで子供が大きくなっていてもその時はその時で子供と一緒にいてあげなくちゃと思うでしょうし、今のフレッシュな知識の状態で研修するほうが、何年もブランクを経て研修するよりもずっとずっと楽だし、勉強になると思います。
ご家族と相談されて、後悔のない選択をしてください。
30代女性医師
 

回答10(2014年5月20日)

卒後32年目の女性医師です。
結論から言いますね。ずばり、子供(赤ちゃん)にとっては、一緒でないと寂しいとか、かわいそう、ということはないと思います。
私には子供は3人おります。自分の頃は卒業後すぐに入局していた時代です。
4年目、6年目に出産しました。2度目は双胎です。
親元を離れていましたので、保育園頼みでした。当時の自分のいた医局では、産休を取って、復帰するという前例がなく、医局の人事から離れて民間病院に就職し、大学には専修生の身分で在籍しました。
産休中は大学から、補充のドクターに代診に来てもらいましたが、人手不足で、産後8週で、復帰しました。
首がすわる前から、保育園育ちです。幸いなことにどの子も丈夫な子でした。
中学位の時に、”小さい時、お母さんが家にいなくて、寂しかった?”と聞きましたが、どの子も”お母さんは仕事するものだと思ってたから、寂しいとか、家にいたらいいのに、とか思わなかった”と言ってくれました。自分自身、ちょっとかわいそうだったかな?という思いがありましたので、子供たちの言葉には救われた気がしました。
ご自分が子供と過ごしたいと思われるなら、辞めてもいいと思いますが、子供のために、とは考えなくてもいいと思いますよ。
それより、ご自分が医師という仕事をどうやっていくか、を考えられたほうがいいと思います。
自分の後輩にも出産で同級生より遅れた女性が何人かいます。皆、大変な思いをしているようです。
正直なところ、若い医師を指導する立場になった今としては、スタートの遅れは実際に遅れた時間以上にひびくと思います。やはり、若いほど、伸びは大きいと思います。専門とする診療科にもよるでしょうが、専門医を取れる時期は、少なくとも今では、卒後7年目位と認識しています。医師として仕事をるするからには、やはりこれからは、専門医はとっておくにこしたことはありません。私も無理しながら、専門医をもっているおかげで、配偶者の転勤で遠方に行っても、ずっと仕事を続けて来られました。
育児については、保育園に行ってくれているうちが一番楽ですよ。小学校に入ると、否応なく(地域性もあるかもしれませんが)朝の旗振り当番やら、夕方のパトロールやら、PTAの各種委員やら、せざるをえなくなります。夏休み、冬休み、春休みもあります。子供の保育園時代に医師としてしっかり勉強して、がんばっておけば、小学校以降に勤務先の選択枝が広がりますよ。
50代女性医師
 

回答9(2014年5月20日)

いろんな人がいるので、あくまで参考にしてください。
医師になって1か月、おつかれさまです。ちびちゃんの育児、もっとおつかれさまです。
30代かなり後半の女医です。臨床研修を終えて10年間以上、いくつか病気をしつつ、ひたすら仕事をしてきましたが、昨年赤ちゃんを授かり、現在9か月になりました。夜泣きもするし、はいはいの練習をしていたり、とても可愛いです。子供が3か月の時から、職場復帰のリハビリを始め、子供が4か月になってからは土日以外はほぼ出勤しています。こんな選択を一度きりの人生でしたのは、私の場合は、「仕事に対するモチベーションがなくなったら、医師そのものを続けていけない」と心底思ったからで、私の家族と職場の上司や同僚なども、この気持ちに同意して支援してくれているので今のところ働けています。大変恵まれていると思います。(←広島県一恵まれているんじゃないかと思っています。)医師という仕事は続けるのに、passion=情熱がいる仕事だと思っています。燃え尽きる必要も、なまける必要もありませんが、きちんと周囲の環境に向き合わないと、仕事になりません。向き合うのって本当にしんどいですよね?(毎日綱渡りの連続ですが、家族みんなのバランスをとりつつ仕事を続けていこうと努力しているところです。)子連れでの入局拒否とか本当にあるのかしら??とは思いますが、拒否されたとしても、なんとか向き合いつつ、みんなに助けてもらいながら頑張って日々を過ごしていってください。
30代女性医師
 

回答8(2014年5月20日)

妊娠、受験、出産と大変だったでしょうによく乗り越えられましたね。それ自体立派です。
赤ちゃんのそばにいてあげたい気持ちは大切ですし、その中で2年間まず研修をしようと思われているのであれば、ぜひそうされたほうがいいと私は思います。
ポリクリを終え、国試合格後、すぐ初期研修2年を済ませておいたほうが、知識が定着しやすいように思います。
初期研修をせずに子育てに専念されて、いざ研修医開始となると忘れていることが多く、大変さが増す印象です。
初期研修後、子育てのため、医局に入らずしばらく専念されても、入局を断られることは今は少ないでしょう。研修医を終えていらっしゃれば、どの医局も人数を確保したいですし、歓迎されると思いますよ。
私の病院も医局から派遣されている子育て中の女性医師を2名受けて入れています。それは、帰る時間を1時間早めているケース、来る時間を30分遅らせているケースがあります。また当直も免除しています。休みをなるべくとりやすく、いつでも急用でも休ませてバックアップする意識ではいます。
大変でしょうが、めげずにがんばってください。せっかく苦労して取った資格です。応援する病院はありますよ。
30代男性医師,理事長
 

回答7(2014年5月20日)

専門医取得後に出産が続いたこともあり数年休職し復帰した者です。
他の方の回答にもありますように、あなたがどのような働き方をしたいか、それができる環境かどうか(職場や家族の理解が得られるか、実行可能か)を検討することが重要と思います。
私は子供が小さいうちは家事・育児もある程度したいので時短勤務を選択しています。仕事に関しては、復帰後すぐは調子を思い出すのに苦労したものの慣れれば元に戻るものです。休職中よりも復帰後のほうが家事もはかどる時もあり、時間は作るもの、と実感しています。
とはいえ、主人や両親の協力なしには成り立ちません。
あなたの場合は初期研修中ですので時短勤務が難しいかもしれません。子供は小さいほど手がかかるとは限りません。例えば小学校のほうが保育園よりも朝遅く帰宅も早いです。ちゃんと保育園で学習して成長してきます。初期研修は義務ですから、まず全うしてから働き方を考えてもよいのではないでしょうか。子供がいるからと入局を断る医局があるとは思えませんが、もしもそんな医局があるならば働きにくいので入局しなければよいのです。
職場で困るのは、代医をたてずに急に休んだり、自分の都合を優先して他者と協力できないなど,仕事上の責任を果たさない場合ですから、そういったことに気を付ければ大丈夫と思います。
休む場合はブランクができるのでどうしても同期と同じようにはいきませんが,長期的にみてスキルを磨いていけばよいと思います。
2児の母,30代女性医師
 

回答6(2014年5月20日)

育児をするのは立派な仕事です。病院では看護師が育児期間に休職するのは当たり前のことです。医師だからといって人間関係が悪くなるとは思えません。しかし大事な国家試験前に妊娠したあなたの印象は、医局からみると少し悪いはずです。さらに研修後に3年休んだりしたらどう思われるか、入局についてはご友人の言われるとおりでしょう。
今は研修医を辞めて子育てに専念し、二人目の育児が終わってもまだ医師として勤めたいという気持ちが残っていたら、あらためて研修に挑戦されてはいかがでしょうか。まじめにやっていれば、必ず周囲が認めてくれます。
研修を続けるのだったら一生懸命やりましょう。「とりあえず2年間終えて」などの考えはだめです。でないと病院や指導してくださる先輩方だけでなく、あなたが担当する患者さんに失礼かと。
40代男性医師
 

回答5(2014年5月20日)

30代男性です。一般外科をしています。
この業界はゴールのない世界で、退職する日まで勉強が続く要素が強いと感じています。どんな達人、名医といわれる人であっても打率10割となる日は来ないと。御自身のキャリアをトータル(長い目)でみるとブランクを取るのに有利な時期というものは存在しない。つまりいつ育児休暇を取っても不利であることに変わりはないが、逆に言えばいつ育児休暇を取っても構わないのだと思います。御家庭の事情を重視してワークライフバランスを決定されるとよいのではないでしょうか。年次が上がれば、それなりに指導的役割、大きな仕事をすることを期待されるため、若い時期とは異なった新たな課題が増えてくると思います。職場の経営者側からするとマンパワーのある大病院の方が、個人の育児休暇をカバーしうる人材の確保が多少楽になるという観点があると思います。また育児休暇の多くは厳密な取得時期を数年前から予見することが困難ですので、急な代替要員を確保する目的で、ある程度人数の多い医局に所属している人間を採用したいというのが本音だろうと推察します。
追伸:上記でこの業界にはゴールがないと記載しましたが、スタッフとして最低限必要な段階に到達する時期の早い科は麻酔科、放射線科(読影)、病理、耳鼻科、眼科である印象を持っています。
30代男性医師
 

回答4(2014年5月20日)

子供も可愛い、でも研修もしなくてはいけない。
初期研修で既に子供がいるのはとても大変と思います。医師としてはいい加減なと各方面からおしかりを受けそうでなかなか思いを口に出すことがはばかられるような立場になり、自分のストレスだけが増えそうな状況です。最初から難題を解く立場になっておられるので、正解はないとしかいえません。ただ、母親という役割を捨てることはできないので、これが第一優先であることを覚悟して、あとは自分ができることを誠実に行い、できないことは評判を気にすることなくできないと言う勇気を持つことが必要です。
医師としてこの先も仕事をされたいなら、初期研修はご両親や配偶者の協力も得ながらなんとか終了されることをお勧めしたいのですが。
いいかげんな医師
 

回答3(2014年5月20日)

大切な子供と、大切な研修の板挟みで悩んでいるのですね。
研修を中断するのが無難でしょう。これから研修でストレスが溜まると、そのストレスが子供に向かうことも考えられます。子供が大切だと思えるなら、自分のキャリアより子供を優先してください。また相談文に経済的なことは書かれていなかったので、そこは問題ないのだと判断しました。
なお研修は中断したところから再スタートできます。再スタートの際に病院を変更することもできます。詳しくは所属している病院または厚生労働省に問い合わせてください。
入局については、研修医ではなく医局長や教授に直接相談しましょう。研修医と医局員では持っている情報に大きな差がありますし、最終的に入局の可否を判断するのは教授を始めとする先生方です。複雑な事情を抱える貴方を受け入れるのは医局にも相応のリスクがあることを理解しましょう。ただし広島の病院医局は懐が広いので、大抵の医局は受け入れてくださると思いますよ。
匿名希望
 

回答2(2014年5月16日)

お母さんとしても初めてのことばかりなのに、さらに仕事が始まってしまって、、、。事情はお察しします。確かに子供との関係を大事にしたいのであれば休職を考えるのも理解できます。一方で、キャリアを積み上げるためには国家試験の知識が薄れていくと大きなハンディキャップになる可能性はあります。
子育ては女性だけでするものではありません。まずはご主人と相談して下さい。また協力してくれるご両親が近くにいれば、相談した方が良いと思います。その上で、研修病院の初期臨床研修プログラム責任者に相談することをお薦めします。
当事者それぞれで、いろんなライフスタイルを構築したいと考えているものです。まずはそれを明らかにしたうえで、建設的な話し合いができることを祈っております。
40代男性医師
 

回答1(2014年5月16日)

結論から申し上げると、子育てが一段落するまで研修を離脱されたほうがいいのではないかと思います。病院との関係が悪くなる云々はあまり気にされる必要はないように感じます。たとえば2年遅れで研修をスタートしても、その後入局して専門医をとってというルートに乗ることはじゅうぶん可能だと思います。ただ、子供のいない同僚より少し遅れることは覚悟したほうがいいかもしれません。キャリアゴールをどのレベルに設定するかによりますが、その「少しの遅れ」が致命的になることはないと思います。もちろん何年離脱するかにもよります。
40代男性医師
 
 

 

このページの先頭へ戻る