ふるさとドクターネット広島

開催日時    平成25年12月14日(土)10:00~17:30

開催場所    広島大学霞キャンパス(医学部第2講義室,広島大学病院外来棟5F 会議室)

主催       広島麻酔科エキスパートセミナー 代表 河本 昌志(所属:広島大学病院 麻酔科)

参加者      47名(初期研修医3名,後期研修医16名,麻酔科専門医24名,他科の医師4名) 広島県内23名,広島県外 24名

 

実施内容の詳細

10:00〜10:50 セミナー(50分)

 「医学論文を書く時の障壁 ~克服するためのアドバイス・TIPS~」

河本 昌志(広島大学麻酔蘇生学)

 

11:00〜12:00 セミナー(60分)

「声に出して読む麻酔チャート2013冬」

福田 秀樹(広島大学病院麻酔科)
佐伯 昇(広島大学病院手術部)

 

12:10〜12:50 セミナー(50分)

ランチョンセミナー「麻酔科医のためのiPad活用術」

讃岐 美智義(広島大学病院麻酔科)

 

13:15〜14:45 ハンズオン(90分)

「あきらめない末梢神経ブロック」

新屋 苑恵 (山口県立総合医療センター麻酔科)
森本 康裕 (宇部興産中央病院麻酔科) 

 

15:00〜17:30 ハンズオン(150分) 

「かんたん,こだわり麻酔科エコー塾」

気道、肺、中心静脈穿刺、肺塞栓と下肢静脈血栓、胃内容

鈴木 昭広、田中 博志(旭川医大麻酔科)

 

  

 

  

 

 

 主催者からの声

平成25年12月14日(土)10時00分〜17時30分に,講義形式のセミナー3題,実習形式のセミナー2題を実施し,参加した麻酔科専門医,後期研修医,初期研修医のいずれからも良好な評価を得た。大半が,来年度の実施を希望した。また,県外からの参加者にも広島県の麻酔科のアクティビティーの高さを示すことができたと思われる。来年度,広島県で麻酔に従事する参加者も含まれており,リクルートの役目も果たせたと考えている。

 

参加者の声

参加者の多くから,来年も参加したいとのアンケート結果を得た。

ハンズオンは募集定員が少なかったが,定員外に漏れた参加者も,実際には実習に加われたため,好評であった。

 

参加者へのメッセージ

毎年,広島大学霞キャンパスで開催している麻酔科エキスパートセミナーも,今年で7年目を迎えました。いかがだったでしょうか。使える知識を使える形で提供するセミナーとして,今後も継続していきたいと思います。セミナーだけでなく,私たちと一緒に仕事をしていただける麻酔科医も絶賛募集中です。いつでも,ご連絡ください。

 

次回開催に向けて 

来年度も,県内,県外の若手麻酔科医のスキルアップおよび県外からの広島県へのリターン者の獲得を目指して開催したいと考えている。内容としては,午前中は講義形式の麻酔下領域のトピックスとなる内容を提供する。午後は,ハンズオンを中心に実習形式で,日頃,実践できていないような内容を取り上げる。

開催時期は9~12月のいずれかの1日。7月頃までに内容を決定して,アナウンスを2ヶ月以上前に開始する。

WEBサイト:http://hiroshima-masui.net/expertにセミナーの詳細が決まり次第,掲示しWEBで参加受付を行なう。   

 

関連情報


ふるさとドクターネット広島登録