トップページ >  地域医療関連情報 >  その他の医療関係情報 > 「日本災害医療実地研修in岩手~次世代につなげる災害医療~」のご案内
トップページ >  新着情報一覧 > 「日本災害医療実地研修in岩手~次世代につなげる災害医療~」のご案内

「日本災害医療実地研修in岩手~次世代につなげる災害医療~」のご案内

岩手医科大学災害時地域医療支援教育センターが,以下の研修の参加者を募集しています。

ご希望の方は,申込方法より申し込んでください。

お問い合わせ等は,「問い合わせ先」へお願いします。

 

「平成25年度日本災害医療実地研修in岩手~次世代につなげる災害医療~」

 

目的

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の被災地である岩手県沿岸部を訪れ,当時の対応や現在の状況を見分し,臨床研修医や大学院生の立場から災害医療に対する考え方を学びます。また,災害医療概論や机上シミュレーションを通して,災害医療に関する基礎知識を習得し,災害時に対応できる医療人の育成を目指します。

 

開催期間

平成26年2月18日(火)~20日(木)

 

開催場所

1日目:岩手医科大学災害時地域医療支援教育センター

2日目:岩手県沿岸部(陸前高田市,釜石市,大槌町,宮古市)

3日目:岩手県沿岸部(宮古市)

 

研修対象・募集人数

全国の臨床研修医及び医学系大学院生・40名

 

研修内容

※ 詳細は,後日岩手医科大学のHP等に掲載されますので,随時ご確認ください。

 

1日目:2月18日(火)12:30~19:00(各自昼食を取った上でご参加ください)

   ※バスによる送迎(盛岡駅発予定 ⇒ 災害時地域医療支援教育センター)

   講義『災害概論』ほか

   実習『机上シミュレーション』

   実習『情報伝達訓練』ほか

   イブニングセミナー

      1.内視鏡コース  2.腹腔鏡コース 3.がれきの下の医療コース より選択

   ※バスによる送迎(災害時地域医療支援教育センター ⇒ 盛岡駅着予定)

 

2日目:2月19日(水)7:30~終日

   実地研修『被災地を知る1』

    震災時に医療拠点となった病院や保健所,避難所となった学校を訪問し,当時の経験や現在の状況を伺いながら意見交換を行います。

    ※盛岡駅を出発し沿岸部へ向かいます。大型貸し切りバスによる移動です。

    ※宿泊地:宮古市田老地区

    ※宿泊地にてセミナー・懇親会を予定しております。

   

 3日目:2月20日(木)9:00~13:00

    実地研修『被災地を知る2」

     被災した宿泊施設を見学し,当時の経験や現在の状況を伺いながら意見交換を行います。

     ※~13:00 盛岡駅到着後解散予定。

 

参加費

6,300円(2日目の懇親会費として徴収します)

  ※勤務地⇔盛岡駅までの交通費,1日目の宿泊費は自己負担になります。手配もご自身でのお手続きをお願いいたします。

  ※2日目の昼食及び宿泊は主催側で準備いたします。

 

申込方法

受講申し込み用紙に必要事項を記載の上,下記連絡先にe-mailでお申し込みください。

受講申込用紙は,こちら(岩手医科大学災害時地域医療支援教育センターHP)からダウンロードしてください。

 

申込締切

平成26年1月31日(金)17:00まで

 

 

問い合わせ先   

岩手医科大学矢巾キャンパス 災害時地域医療支援教育センター

住所:〒028-3694 岩手県紫波郡矢巾町西徳田2-1-1

TEL:019-651-5111(内線:5565,5564)  FAX:019-611-0876

e-mail:saigai@j.iwate-med.ac.jp(大文字の@を小文字の@にしてください)

 


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る