トップページ >  地域と暮らしのお役立ち情報 >  県内のおすすめ情報 > エリア紹介(県内紅葉スポット情報)

エリア紹介(県内紅葉スポット情報)

広島県の土地土地がもつ、個性豊かな魅力をご紹介します。 県内紅葉スポット情報エリア紹介

日帰り圏内から超近場まで紅葉三昧を楽しむ

秋といえば食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋・・・といろいろあるけれど、広島県の秋はなんといっても紅葉の秋!
山と海に囲まれて、さまざまなロケーションで紅葉が楽しめる。広島市内を起点に近場から日帰り圏内の紅葉スポットまで、いくつかピックアップしてご紹介。美しい紅葉の景色を見に出かけよう!

県内紅葉スポット 写真

帝釈峡 写真

庄原市 帝釈峡(たいしゃくきょう)

日本百景に選ばれた全長約18kmの大渓谷。水面に映える紅葉の鮮やかさは昼夜の寒暖差がもたらす恩恵だ。上流では浸食により造られた日本一の天然橋・雄橋などを遊歩道から鑑賞できる。下流の神龍湖では3つの橋や遊覧船から、水面に映る色彩を満喫しよう。

住所:庄原市東城町~神石高原町
電話:08477-2-0525(帝釈峡観光協会)

三段峡 写真

安芸太田町 三段峡(さんだんきょう)

黒淵、猿飛、二段滝、三段滝、三ツ滝の「五大壮観」を備える県内有数の紅葉名所。シーズンは連日運行する遊覧船を利用すれば、川面から絶景を楽しめる。全長13kmあり、全て歩くと4時間半ほどかかる。見たいスポットを選び、時間や体力に合わせてコースを組もう。

住所:安芸太田町大字柴木
電話:0826-28-1800(安芸太田町観光協会)

佛通寺 写真

三原市 佛通寺(ぶっつうじ)

一帯が県立自然公園に指定されている臨済宗佛通寺派の大本山。参道の紅葉の美しさで知られ、側を流れる佛通寺川のせせらぎや紅葉に彩られた並木道が異世界に来たかのような時間をくれる。禅道場でもあり、座禅を行う団体研修の受付も。シーズンは秋季特別拝観となり、拝観料が必要となる。

住所:三原市高坂町許山22番地
電話:0848-63-1481(三原観光協会)

紅葉谷公園 写真

廿日市市 紅葉谷公園(もみじだにこうえん)

宮島の弥山原始林のふもとにあり、紅葉谷川に沿って広がる公園。イロハカエデやヤマモミジ、ウリハダカエデ、トウカエデなど約200本の木々が一斉に色付く。朱色のもみじ橋やもみじ谷橋は、燃えるように色付いた木々と相まって、さらに美しさを際立たせる。

住所:廿日市市宮島町紅葉谷公園
電話:0829-44-2011(宮島観光協会)

縮景園 写真

広島市 縮景園(しゅっけいえん)

上田宗箇が造り出した回遊式庭園で秋の雅を感じる。茶人で浅野家家老の上田宗箇が作庭したとされる。中央に池、周辺に山や橋、茶室などを配置している。秋には市内中心部指折りの紅葉名所として多くの人が足を運ぶ。季節の茶会も楽しみ。入園料一般250円。

住所:広島市中区上幟町2-11
電話:082-221-3620(縮景園管理棟)

三次市

尾関山公園(おぜきやまこうえん)

住所:三次市三次町1674-2
電話:0824-63-9268(三次市観光協会)

常清滝(じょうせいだき)

住所:三次市作木町下作木
電話:0824-55-2111(三次市役所作木支所)

三原市

三景園(さんけいえん)

住所:三原市本郷町善入寺64-24
電話:0848-86-9200(三景園管理事務所)

広島市

広島市森林公園(ひろしまししんりんこうえん)

住所:広島市東区福田町字藤ヶ丸173
電話:082-899-8241(広島市森林公園)

広島県緑化センター(ひろしまけんりょっかセンター)

住所:広島市東区福田町166-2
電話:082-899-2811(広島県緑化センター)

不動院(ふどういん)

住所:広島市東区牛田新町3-4-9
電話:082-221-6923(不動院)

安芸太田町

深入山(しんにゅうざん)

住所:安芸太田町大字松原
電話:0826-28-1800(安芸太田町観光協会)

滝山峡(たきやまきょう)

住所:安芸太田町加計
電話:0826-28-1800(安芸太田町観光協会)

世羅町

今高野山(いまこうやさん)

住所:世羅郡世羅町甲山
電話:0847-22-4400(世羅町観光協会)

大竹市

三倉岳県立自然公園(みくらだけけんりつしぜんこうえん)

住所:大竹市栗谷町
電話:0827-56-0660(三倉岳休憩所)

※このページの情報は、「TJ Hiroshima」2012年11月号掲載記事を編集したものです。

  • 県内紅葉スポット情報関連リンク
  • ひろしま観光ナビ


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る