トップページ >  地域医療関連情報 >  その他の医療関係情報 > 医師等確保対策研究協議会が開催されました
トップページ >  新着情報一覧 > 医師等確保対策研究協議会が開催されました

医師等確保対策研究協議会が開催されました

広島県国民健康保険診療施設協議会により,平成24年度医師等確保対策研究協議会が開催され,上天草総合病院における医師確保対策の紹介や,医師確保に関する研究・協議の発表が行われました。
 

日 時  平成24年7月20日(金)14時~17時

場 所  広島市中区東白島町19-49 国保会館 6階大会議室

 

講演 「上天草総合病院における医師確保対策」

上天草市立上天草総合病院 事業管理者  樋口 定信 氏

(座長)庄原市立西城市民病院 庄原市病院事業管理者  郷力 和明 氏

 

上天草総合病院の医師確保対策として,地域との連携や,ホームページの充実などについて,ご紹介されました。

 
■樋口 定信 氏   ■郷力 和明 氏

 

 医師確保に関する研究・協議

広島県健康福祉局 地域ケア部長  棚多 里美 氏

 

 医療資源の偏在解消に向けて取り組んでいるリサーチについて,ご説明されました。

 
■棚多 里美 氏    

 

 

広島大学大学院医歯薬保健学研究科応用生命科学部門 教授  平川 勝洋 氏

 

広島大学の医局員の現状などについて,ご説明されました。

 
 ■平川 勝洋 氏     

 

 

広島県地域保健医療推進機構地域医療推進部 古川 正愛 医監

 

当機構の活動報告や,今後力を入れたい部分について説明をしました。 

     
 ■古川 正愛 医監    

 

 

 

(特別発言者)全国国民健康保険診療施設協議会常任顧問

         公立みつぎ総合病院特別顧問      山口 昇 氏

(座長)市立三次中央病院 院長  中西 敏夫 氏

 

医師の偏在や,卒前教育と卒後教育の繋がりの重要性などについて,ご発言されました。

     
 ■山口 昇 氏  ■中西 敏夫 氏  

     


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る