トップページ >  地域と暮らしのお役立ち情報 >  県内のおすすめ情報 > エリア紹介(広島の名産品「広島レモン」)

エリア紹介(広島の名産品「広島レモン」)

広島県の土地土地がもつ、個性豊かな魅力をご紹介します。広島の名産「広島レモン」エリア紹介

温暖な気候に恵まれてレモンの生産量日本一商品展開も豊富!

レモン写真

広島で作られるレモンの数は日本一。瀬戸内の温暖な気候がレモン栽培と合い、その生産量は全国の約60%を占める。
「広島レモン」の特徴の一つは、防腐剤を一切使用しないこと。だから、料理にもドリンクにも、皮ごと安心して使える。そして輸入レモンと比べると糖度が高く酸味がまろやかなこと。
もう一つの特徴は、一年間を通して果実が出荷されていること。露地物の出荷開始は10月から。10月から12月まではグリーンレモンとして出荷され、その香り高く清涼感はバツグン。年が明けて1月から5月までは通常(イエロー)のレモンで出荷。「一年を通して『広島レモン』を利用したい」という要望に応えて開発されたのが、鮮度保持フィルムで個包装したレモン。国産レモンの端境期だった6月から7月にかけて出荷される。そして7月から10月にかけて出荷されるのがハウスレモン。「エメラルドグリーンの宝石」とも称される果実は外観が美しく、贈答用としても喜ばれている。このように年間を通じて全国に出荷される、安心・安全な「広島レモン」を満喫しよう!
レモンはそのものを楽しむだけでなく、加工品としても多く使われている。レモン1個分の果汁を使った飲料や和洋菓子の餡と混ぜたりと商品展開も豊富。JA広島果実連がブランド『広島レモン』を立ち上げ、広島市による『ザ・広島ブランド』にも認定された。

広島レモンのここがすごい!>防腐剤を一切使用してないので皮ごと安心して使える >一年を通して出荷がある >商品展開も豊富にある

商品写真

「広島レモン」はJA広島果実連の登録商標。安心・安全をモットーにJA広島果実連の栽培基準に沿って栽培され、JA広島果実連及び会員JAの管理の下で販売されるレモンの総称。
『ザ・広島ブランド』とは、広島の特産品で特に優れたものを認定し、全国に向けてPRすることで、知名度をより高め、その消費拡大を図るとともに、広島のイメージを向上させ、広島への誘客の促進と広島地域経済の活性化を図ることを目的としている。

※このページの情報は、「TJ Hiroshima」において取材・編集したものです。

広島レモン 関連リンク

広島県公式動画チャンネル

広島県広報番組(平成23年11月13日)食べてみんさい!広島レモン
ひろしま夢ぷらざ ひろしま夢ぷらざ
「出かけてみたい!、行ってみたい!」そんな県内情報を満載した市・町情報ステーションの「ひろしま夢ぷらざ」。 インターネット店では広島の特産品を購入することができます。


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る