トップページ >  イベント情報 >  大学 > 平成24(2012)年7月7日 第20回「福祉と医療を語る会」研修会が開催されます。

平成24(2012)年7月7日 第20回「福祉と医療を語る会」研修会が開催されます。

テーマ:  「食べられない」を考える ~口腔ケアと嚥下障害へのアプローチ~
日 時:  平成24年7月7日(土) 14時~17時
会 場:  広島県立総合体育館(グリーンアリーナ) 1階ミーティングルーム
対 象:  福祉,介護,医療,保健の関係者
参加費:  500円 (FAXまたはE-Mailで,下記事務局までお申込みください。)
進 行:
基調講演
  (1) 在宅の嚥下障害患者の訪問診療     講師:いしだ耳鼻咽喉科 浜井行夫先生
(2) 口腔ケアと嚥下リハビリ      講師:県立広島病院歯科・口腔外科 延原浩先生
グループワーク
  3つのテーマのうち,興味あるテーマのグループに分かれて語り合い,その後発表,全体討議を行います。

 *会終了後情報交換会を行います。併せてご参加ください。
 

主 催: 公益社団法人 地域医療振興協会
瀬戸内 福祉と医療を語る会(代表:広島大学地域医療システム学講座 竹内啓祐)

 

詳細は主催者のページをご覧ください。

 

「瀬戸内 福祉と医療を語る会」は,公益社団法人地域医療振興協会の研修事業の1つとして,福祉,医療,介護,保健などで働く多職種の方々が,グループワークを中心に,テーマを決めて本音で語り合う研修会などを定期的に開催してきた研究会です。

 

事務局: 広島大学地域医療システム学講座(竹内啓祐)
TEL:082-257-5894 FAX:082-257-5895 E-Mail:tiikisis@hiroshima-u.ac.jp


地図情報

このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る