トップページ >  イベント情報 >  大学 > 平成24(2012)年5月23日 地域医療学講演会が開催されます。

平成24(2012)年5月23日 地域医療学講演会が開催されます。

地域医療学講演会

日時 2012年5月23日(水) 17時30分~18時45分
場所 広島大学医学部 基礎・社会医学棟 2Fセミナー室2
  入場無料
演題 日本の地域医療からネパールへ
講演者 楢戸健次郎 先生  (NGO「CROSS」代表)

 

 <演者略歴> 
 1945年  福島県平市(いわき市)生まれ
 1972年  千葉大学医学部卒
 1979年  北海道新冠国保病院勤務
 1984年  北海道栗沢町(現在岩見沢市)美流渡診療所開設
 2005年  日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)からネパールへ派遣。現地の地域医療に従事。
 2011年  個人としてネパールで活動、現在に至る

 

 <講演内容の概略> 
 

 医学生の時、もう45年前にもなるが、「家庭医」に興味を持った。卒後、東京、北海道で内科、小児科、外科、産婦人科等を自力で学んだ。その後、町立病院勤務を経て、北海道の田舎で21年間、仲間と共に「家庭医のグループ診療」を模索してきた。現在は、中学生の時に与えられた思いが実現しネパールで地域医療をしている。

今回の講演では、皆さんにネパールのスライドを見ていただきながら「地域医療の担い手」、「海外医療協力」などについて、共に考えてみたい。

 
主 催 : 広島大学医学部地域医療システム学講座 


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る