トップページ >  臨床研修を広島で!!専門医研修も広島で!! >  専門研修 > 広島県小児科後期臨床研修プログラム

広島県小児科後期臨床研修プログラム

プログラムの概要

委員長小林正夫先生 「ひろしま連携型小児科後期臨床研修プログラム(小児科専門医コース)」は,複数の病院で研修を受けることにより,小児科専門医の受験資格の取得に必要な症例数を確保するとともに,各病院の得意とする専門症例を幅広く身につけられるように設計された後期臨床研修プログラムです。
 このプログラムの研修先となる広島県内の各病院は,地域の中核病院として小児医療を担っているだけでなく,各病院が専門領域を役割分担し,高度な小児医療を提供しています。
 これら小児医療を後期臨床研修期間で研鑽し,小児科の総合専門医として活躍の場を広げていただくため,是非,このプログラムを活用し,皆さんが目指される領域のキャリアパスを身に付けていただきたいと思います。

小児科医育成臨床研修プログラム運営委員会
委員長 小林正夫(広島大学大学院医歯薬学総合研究科長・小児科学教授)

  

1 プログラムの特徴

大学医学部卒業後3年目から5年目までの医師を対象としています。

県内のさまざまな地域で,地域の特色に応じた小児医療を研修いただくため,いくつかの専門のコースで構成されています。

 

小児科専門医資格を取得するためのコース設計としています。

このプログラムでは,(1)将来目指したい専門領域のコースを選択することができる,(2)各コースとも複数の病院での研修が組まれており,小児科専門医の受験資格の取得に十分な症例数が確保できる,(3)1施設での研修に比べ,より高度で豊富な症例を幅広く体験できる,(4)多くの小児科医指導医のもとで学ぶことができるなど,十分なキャリアパスを身に付けていただくことができます。

 

 

各病院での研修期間は,コースの主体となる病院で概ね1年6月~2年,残りの期間が他の複数の病院での研修となります。また,平成23年度から開始される新たな小児科専門医認定制度に対応するため,すべてのコースに6月の支援施設での研修が設定されています。

 

小児医療病院,広島大学,県が一体となり設計したプログラムです。

このプログラムは,県内の小児科専門医,広島大学,県で構成する運営委員会により構築されています。

 

広島市内をはじめ,希望により県内の各地で研修を受けることが可能です。

県内のさまざまな地域で,地域の特色に応じた小児医療を研修いただくため,いくつかの専門のコースで構成されています。

 

 2 各コースの概要

 

3 研修先の病院

研修先の病院

 

4 募集要領

  (1)定員 7~10名
  (2)対象者

初期臨床研修修了者

 

(3)研修期間

3年
 

(4)採用方法

面接等
 

(5)給与・福利厚生等

研修を行っている病院の条件となります。(各病院へご確認ください。)
 

(6)身分

研修を行っている病院の身分となります。
 

(7)その他

研修期間中の地域医療機関での研修や海外研修等はコースの主体となる病院のオプションとなります。

 

5 お申込・お問い合わせ

※ 次の書類を,運営委員会事務局まで送付してください。

 

申込みの流れ


(送付先・お問い合わせ電話番号)
〒730-8551 広島市南区霞1-2-3
広島大学大学院 医歯薬学総合研究科 小児科学研究室
TEL:082-257-5212

 


このページに対するアンケートにお答えください。

このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページは参考になりましたか?


このページの先頭へ戻る